>  > 武豊48歳にキョーレツな限界説が浮上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

スプリンターズステークス

,

武豊

takeyutaka927.jpg
武豊を知り尽くす関西競馬関係者

 今週は秋のG1シリーズ第1弾である第51回スプリンターズステークス(G1)が行われるが、今年は例年以上に傑出馬不在の混戦模様といわれている。その理由はロードカナロアのような絶対王者がいないことだ。今年の高松宮記念を勝ったセイウンコウセイは函館スプリントステークスであっさり敗退。ビッグアーサーは昨年12月以来のぶっつけ本番で、外国馬ブリザードも日本競馬の適性は未知数だ。

 そんな中、現在4連勝中のダイアナヘイローは武豊騎手が騎乗することもあって上位人気になるのは確実だが、競馬ファンの中から

「武豊は切っていい」

 なんて声が聞こえている。JRAを代表する人気騎手なだけに穏やかではないが、その事情はどんなものだろうか。

 武豊がスプリンターズステークスを勝利したのは2002年のビリーヴが最後、馬券に絡んだのも2005年の3着が最後だ。それ以降人気馬にも多く乗りながらことごとく期待を裏切っている。近年はキタサンブラックとのコンビでG1レースを勝利しているものの、同馬以外で芝のG1レースを勝利したのは2013年のマイルチャンピオンシップまで遡らなければならない。さすがに48歳のアラフィフ、全盛期の成績を期待するのは酷だが、そんなファンの声もデータやアンチ的思考に偏っており根拠に欠けるもの。

 本当にスプリンターズステークスで武豊はノーチャンスなのか、それとも久々のG1レース優勝が期待できるのか。そういった本当の事情を知るのはやはり内部関係者だけだろう。


■関西競馬情報集団とは?

 そこで今回オススメしたいのは武豊と関西馬ダイアナヘイローが所属する関西の競馬情報を知り尽くす「関西競馬情報集団」の存在だ。

 関西馬といえばこの秋競馬でも大活躍。重賞でもローズステークス、紫苑ステークス、セントウルステークスで関西馬が勝利。スプリンターズステークスの前哨戦となる6つの短距離重賞では関西馬が4勝し、またスプリンターズステークスでも6年連続で連対中と、いかに関西馬を把握することが重要といえるだろう。

「馬券を獲りたければ関西馬を買え」

 とは以前から競馬ファンで知られる言葉だが、成績を見るとわかりやすい。今年も9月の段階で関東馬と関西馬の勝利数を比較すると、関西馬が関東馬より400頭以上も多く勝っている。また複勝圏内(3着以内)でも、関西馬が関東馬より1000頭以上も多く馬券に絡んでいるのだ。加えて夏の北海道開催でその力の差は歴然だった。今年の函館、札幌開催では関西馬の出走数が1732頭に対し、関東馬の出走数が1847頭。しかし成績は、関西馬【168勝】に対して、関東馬は【120勝】。勝率に換算すれば関西馬が約9.7%、関東馬が約6.5%と約1.5倍も開いている。輸送や調教施設といった条件に差のない北海道競馬でも『関西馬が圧倒的に優勢』ということが証明されているのだ。

 この傾向は特に重賞やG1レースになればなるほどその傾向は顕著で、昨年秋の重賞は関西馬21勝に対し関東馬は11勝。スプリンターズステークスも例外ではなく過去10年で関西馬7勝、関東馬2勝、外国馬1勝とその差は圧倒的である。

 以上のことから今年のスプリンターズステークスも関西馬の正確な情報を把握することが、的中への最短距離といえよう。


■東京では掴めないガチ情報をゲット

 さて前述の「関西競馬情報集団」の大きな特徴は、関西馬が拠点とする栗東トレーニングセンターの目と鼻の先に拠点を構えていることだろう。多くの会社のように東京を拠点としていては、関西の競馬関係者と密接な関係は構築できまい。そして彼らは『関西騎手』『関西厩舎』『関西馬主』『外厩』といった得意分野を持つ情報網が常に『本物の情報』を入手。一般の競馬ファンではなかなか掴めない『馬券になる関西馬』を公開しているのだ。

 その的中実績は目を見張るもので、9月17日の阪神7レースでは、阪神馬主の重鎮である松本オーナーの所有馬メイショウササユリを本命に公開し、3連単17万6530円、3連複2万7200円、馬連3630円というビッグな万馬券を的中させている。100円が17万円、1000円が176万円に化けるのだから、的中させたファンはさぞかし興奮したことだろう。

 さらに9月16日阪神7レースでも阪神馬主である近藤オーナーの所有馬アドマイヤムテキを本命に3連単2万3870円、3連複5250円、馬連580円を的中。18日の阪神10R吹田特別レースでもワンダーピルエットを本命公開して3連単1万620円の万馬券を仕留めるなど的中を連発。まさに恐るべし関西馬情報といえよう。

takeyutaka927-2.jpg
ビッグアーサーに異変?

■マスコミも知らない情報を掴んでいる!?

 週末は注目の第51回スプリンターズステークスだが、前述したように出走馬の多くは関西馬。今年も的中の鍵を関西馬が握るのは間違いない。しかもこの「関西競馬情報集団」によると

「マスコミが過剰人気に祭り上げている関西馬と、マスコミがノーマークの激走関西馬がいる

 というから驚きだ。中でも昨年1番人気に支持されたビッグアーサーや休み明けの有力馬に関しては、

「ビッグアーサーは、高松宮記念を使おうとして使えず、夏場を休養にあて、満を持してスタンバイしたセントウルステークスも直前で蹄に痛みが出て回避。昨年末の香港からの直行となりますが、実は他にも裏事情があるのです。ちなみにビッグアーサー以外の休み明け組は予定通りの直行に見えますが、実際のところはマスコミも知らないトラブルがありました。我々は、こういった有力馬が“ぶっつけ本番”に至った本当の理由を把握しています。そして導かれる最終決断は衝撃の内容です。ぜひ当日の情報を楽しみにお待ちください」

 と力強くコメントしている。聞くところによるとこの「関西競馬情報集団」は、スプリンターズステークスの「3連単勝負買い目」をまだ利用したことがない人へ無料で提供してくれるという。関西馬情報にいまいちピンとこない人、本物の関西馬情報を体験してみたいという人、既存のマスコミ予想で結果が出ない人にはまさにうってつけのチャンス。これを利用しない手はないだろう。

 また彼らが提供する関西馬情報は多岐にわたっており、ワンコインで可能な午前の資金作りをサポートする『ワンコイン投資プラン』、「ワケアリ」の勝負情報を特別公開する『本日のタネ銭レース』、ユーザーから「単勝を買い続けるだけで勝てる」と好評の『カネになる栗東キング調教馬』など、様々なコンテンツを無料で公開している。これらもぜひ利用したいところ。

 これから盛り上がる秋競馬に本物の関西馬情報は必須、ぜひこのチャンスを逃さないでいただきたい。

・関西競馬情報集団
無料公開CLICK→スプリンターズステークス「3連単勝負買い目」

※本稿はPR記事です。

関連キーワード