>  >  > 両眼が“限界まで飛び出した”赤ん坊がヤバすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1709_hugecancereyes_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 網膜に発生する悪性腫瘍「網膜芽細胞腫」の患者は5歳未満の幼児が多く、日本国内では年間約80人の新生児が発症している。今年6月には、インドネシア・西ジャワ州で、生後3カ月頃から網膜芽細胞腫に苦しむ34歳の男性の姿が報じられた

 彼の右目に発生した巨大な腫瘍はまるでペニスのような形で、先端には皮膚に埋もれて完全に機能を失った眼球が鎮座している。これまで男性は5度に及ぶ摘出手術を受けているが、手術の度に再発を繰り返し、今では全身に無数の腫瘍が見られる状態になってしまった。

 網膜芽細胞腫が発生するのは、片目だけではない。報告される症例のうち約6割は片眼性だが、残りの約4割は両眼性だという。原因は先天性の遺伝子異常と考えられているが、いまだ特定には至っていない。また、生後1年以内の幼児に症状が見られる場合は両眼性、生後2~3年の間に症状が見られる場合は片眼性の可能性が高くなるという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?