>  >  > “過激な売り込み”営業をするタレント2人?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

芸能人

0907serebu_01.jpg

 芸能人は、常にメディアに露出できるよう仕事を獲得し続ける必要がある。そのための営業活動は事務所が行うのが通常だ。しかし、本人自ら営業活動に乗り出すケースもある。無論、仕事を得るための努力は大切だが、一部には過激な売り込みをかける芸能人もいると聞きつけた。

「基本はマネージャーが営業を行います。売れっ子と呼ばれるような俳優や芸人であってもマネージャーが定期的に各テレビ局などを回って挨拶するのが常識です。しかし、タレントを同行させて営業に回るケースもありますし、中には本人が自ら売り込みをすることもあります」(テレビ局関係者)

 やはり本人が営業活動を行うケースは実際にあるようだ。

「以前は大橋巨泉さんが有名で、テレビ局にやってきては『お前の番組に出てやるよ』と発言し、仕事を得ていました。大物ならではのエピソードですが、こうした例は別にしても今現在活躍している芸能人でも、自ら営業に勤しむ人はいます。よく知られるところでは肉体派イケメン俳優・Iさんですね」(同)

 かなりの売れっ子俳優で営業など不要に思えるが、関係者によれば自身の売り込みに奔走しているそうだ。

「撮影現場などに突然やってきては、プロデューサーなどに挨拶しています。ただ、スタジオやロケ現場にアポなしでやってくるので少々厄介な存在です。しかも、数時間も居座って撮影を見学したり、撮影に口を挟むようなこともあるんです」(映画業界関係者)

 現場に足を運んで存在をアピールしたいようだが、こうした行為が実際に仕事につながっていることも多いというから驚きだ。

「嫌がるスタッフもいますが、こういうやり方を好む年配のプロデューサーもいますから、仕事は今後も獲得するでしょうし、こうした営業スタイルもやめないでしょうね」(同)

 厄介に思っているスタッフにとっては迷惑な存在であろうが、今後も撮影現場に現れるのだろう。

 また、女性芸能人も過激な売り込みを行うことがあるらしい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。