>  >  > ドラマ『ドクターX』が最強すぎる“知られざる理由”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ドクターX

,

吉沢ひかる

0927dokuta_main.jpg
※イメージ画像:『ドクターX~外科医・大門未知子~4 DVD-BOX』

 10月から第5シリーズがスタートするテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』。ほぼすべてのシリーズで視聴率20%超えとあって、今からすでに高視聴率が予測されている。さらに同作はコストパフォーマンスの面でも最高のドラマだと称賛されているという。

「ドラマは高視聴率を獲得するのが目標であり使命ですが、そのためには経費もかかります。経費を膨大にかけても視聴率が取れないとなれば当然コスパが最低ということになりますが、『ドクターX』は真逆です。経費は最小限で制作できるのに、視聴率は高いので“コスパが最高のドラマ”として知られています」(ドラマ関係者)

 コスパが最高という点は事実のようだ。具体的な内容も聞いた。

「制作費の大半を占めるのはセット代などの美術費です。しかし、『ドクターX』は手術室、医局や院長室、部長室や名医紹介所のセットがメインです。しかし、ほかのシーンはほとんどロケなんです。外観はもちろん、廊下や豪華な会議室なども既存の建物を借りています。また、過去のシリーズで制作したセットを使いまわせるため美術費も最小限です」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。