>  >  > 【閲覧注意】野糞するように路上で出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

北原大悟

,

新生児

,

米国

,

路上出産

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1710_gavebirthonstreet_1.jpg
画像は、The U.S. National Archives / Woman Who Has Just Given Birth in the Delivery Room of Loretto Hospital in New Ulm, Minnesota... (from Flickr, CC BY 2.0)

 今年8月、インド・ジャールカンド州の村に暮らす17歳の少女が、赤ん坊を路上で出産したと英紙「Daily Mail」が報じた。報道によると、少女は当時の交際相手や自身の家族からも見放され、4カ月以上も路上生活を送るはめになったという。

 陣痛を起こした少女は地元の病院を訪れたものの、病院側は彼女の診察を拒否。診察を断られた翌日の早朝、少女は病院からほど近い道端で赤ん坊を出産することに…。その後は地元住民による助けの甲斐もあり、母子ともに健康状態は良好だという。

 路上出産はインドだけでなく、中国や米国でも相次いで発生している。2015年11月に米国カリフォルニア州・サンフランシスコで、路上で赤ん坊を出産したホームレス女性の姿が目撃されたかと思うと、翌月には中国・銅仁市の路上で出産する女性の姿を撮影した動画が公開されている。

 相次いで起きる路上出産だが、今年9月にも動画共有サイト「LiveLeak」に尻丸出しの女性が、路上で赤ん坊を出産する映像が投稿された。映像には、大きく膨らんだ腹を抱え路上に立つ1人の妊婦が…。パンツの股部分には染みが広がっており、すでに破水したことが窺える。

 女性が下着を膝まで下ろした瞬間、膣から新生児が“チュルン”と姿を現した。赤ん坊はへその緒が繋がったままで、ゴミが散乱する不衛生な地面の上に頭から激突。母親の膣から溢れ出す羊水が路面を濡らす中、地面に転がった赤ん坊はピクピクと手足を動かしながら、元気な産声を上げている。

 よく出産は“鼻からスイカ”を出すほどの激痛を伴うというが、映像に映る女性は痛みはおろか大声で喚く様子もなく、至って冷静に赤ん坊を出産。緊急時には痛みすらも忘れてしまうほど、母親は偉大なのかもしれない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年10月 6日 01:38 | 返信

なんというか
やっぱオンナってすげぇなぁと思った
まわりにいるおばちゃんたち
冷静とは言わんが、自分たちの経験と本能でなんとかしようとしてる
これは男にはマネできんわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?