>  >  > ジョブズの死、本当の原因は「○○の過剰摂取」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
Jobs_1.jpg
画像は「Apple」より引用

 今日10月5日は、今や世界一の巨大企業となったアップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏が死去してから6年目の命日にあたる。改めて指摘するまでもないが、彼は初期のホームコンピュータ「Apple I(アップル1)」や 元祖GUIパソコン「Macintosh(マッキントッシュ)」、革新的なスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」など未来志向の製品を次々と世に送り出してきたIT界の巨人だ。彼の天才的な発想と感性のもとに生み出された製品が、世界中の人々の生活を大きく変えたといっても過言ではない。だが、そんな男が死に至った“本当の原因”は、ほとんど正しく知られていないのが実情だ。今回は、世界が偉大な頭脳を失うことになった背景について探ってみたい。


■ジョブズの特徴的食生活、その背後にあった思想

Jobs_3.jpg
乙川弘文師 画像は「Wikipedia」より引用

 ジョブズ氏は、若者の時から飛び抜けた変わり者として知られていた。かつて米・カリフォルニア州で盛り上がりをみせたヒッピー文化に心酔し、晩年に至るまでさまざまな宗教の教えに並々ならぬ関心を抱いていたが、とりわけ禅仏教に強く傾倒し、ついに禅宗の仏教徒として生涯を過ごすに至った。同州で布教していた曹洞宗の禅僧・乙川弘文(おとがわ こうぶん)師を心から慕い、1991年にローレン・パウエルと結婚した際には、仏前結婚式を執り行ったほどだ。

Jobs_2.jpg
あるヨギの自叙伝』(森北出版)

 iPhoneをはじめアップル社が生みだす製品の操作性が非常にシンプルな理由は、質素であることに美を見出す禅の思想に影響され、余計なものを削ぎ落とした結果にほかならない。また、ジョブズ氏はインドの偉大なるヨガの伝道師パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』を座右の書とし、私物のiPadに入れた唯一の電子書籍だったという。

 このようにカリフォルニアの独特なカウンターカルチャーの影響は、ジョブズ氏の食生活にも及んだ。大学に入学する頃からベジタリアンになっていったのも必然の成り行きだったのかもしれない。年代によって多少の変化はあるが、ヴィーガン(厳格な菜食主義者)、フルータリアン(果実食主義者)、マクロビオティックなどの要素を次々と食生活に取り入れた。ちなみに、マクロビオティックとは日本人の桜沢如一氏が創設して世界中に広まった玄米菜食主義の食養思想だ。また、本来ヴィーガンは動物性の食品をまったく摂らないはずだが、ジョブズ氏の場合は魚介類に限っては許容し、寿司を好んでいたという。

あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝

ヨガの真髄に触れよ!

コメント

4:匿名2017年10月 6日 21:18 | 返信

デマもクソも、糖が膵臓がんのリスクになるなんて確度の高い研究もあるだろ

3:匿名2017年10月 6日 14:57 | 返信

ありゃま
デマ出すならtocanaもRSS解除しよ

2:匿名2017年10月 6日 14:56 | 返信

ありゃま。
tocanaもRSS解除か

1:匿名2017年10月 5日 21:42 | 返信

「アップル」が自分の死を招いたという皮肉
禁断の実というだけある

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。