>  >  > 【悲報】パンダ・シャンシャンの名前が超縁起悪いことが発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
love27486.jpg
Love Me Do氏

【Love Me Doの占いコラム連載! 芸能・スポーツ・地震予知を当てまくる!!】

~数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判の占い芸人Love Me Do氏(通称・ラブちゃん)。メディア露出の多い人気占い芸人の影に隠れているものの、約20年間学び続けた占いの実力は“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”だという。主な占い実績としては「東日本大震災、熊本地震、トランプ大統領の就任の的中」が挙げられ、占星術、四柱推命、 手相、タロット、 人相、顔相占いなど多数の占い技術を使いこなす~


■シャンシャン(香香)の運命は?

 東京・上野動物園で6月12日に誕生したジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前が、「シャンシャン(香香)」に決定した。名前を公募すると約32万件の応募があり、そこから日本パンダ保護協会名誉会長で女優の黒柳徹子らで構成されたジャイアントパンダ名前候補選考委員が8点まで厳選。そして、東京都が中国側と協議して決めたシャンシャンという名前を、小池百合子都知事が9月25日の会見で発表した。こうして多くの人々によって名前を授けられたシャンシャンだが、その名前によってどのような運命を背負ったのか。今回はシャンシャンの今後について、ラブちゃんに鑑定してもらった。

syansyan04.jpg
画像は、SankeiNews「YouTube」動画より。頑張れシャンシャン!

●「シャンシャン」画数14  不安定

 カタカナで「シャンシャン」と書くと総画が14で、「心労」や「孤独」をあらわすす凶画になります。気苦労も多い不安定な画数と言え、「急展開」や「波乱」の起こりやすい人生(パンダ生?)という暗示も。しかし、「スーパースター」の向きもあることから、ポジティブに捉えれば心労が絶えず、常に悩みがつきまとうほどのスーパースターに成長する可能性を持っています。

 「14」という数字…。たとえばサッカー選手では、背番号14にこだわっていた元オランダ代表のヨハン・クライフ選手が、20世紀を代表する選手の1人と評されるほどスター性を発揮し、芸術的なプレーで人々を魅了しました。しかし、元日本代表の小野伸二選手は、オランダの強豪クラブ・フェイエノールト在籍時に背番号14を与えられ芸術的なプレーで人々を魅了している一方で、怪我による試合の辞退や欠場も目立っていた。このように、「14」という数字には“影”も潜んでいるため、シャンシャンも“ファンタジスタ”になり得る反面、怪我、もしくは病気などには気をつけてほしいですね。


●「香香」画数18  金銭的には安定

 一方で、「香香」と漢字で書いた場合は18画。こちらは一応吉画で、安定を求めるタイプ、また金銭的に困らない画数と言えます。キャラクターグッズが売れたり、晩年も安泰に過ごせたり。ただ、こちらにも「孤独」の暗示が出ていて、生きる上での目標がなければ力を持て余してしまう恐れがあります。子作りも目標になりますから、早いタイミングでオスとお見合いさせるべきかと。

 結論としては、カタカナの「シャンシャン」の方がスター向きですが、安定して生きるなら「香香」と漢字で表記した方が良い。シャンシャン自身は、どちらを望むでしょうね?

関連キーワード