>  >  > 900人以上を集団自殺させたジム・ジョーンズの狂気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 1978年11月18日、南米ガイアナ西部のジャングルにあるジョーンズタウンで900人以上が集団自殺するという衝撃的な事件が起きた。彼らに自殺を命じたのはジム・ジョーンズ。宗教団体「人民寺院」の最高指導者にして、ジョーンズタウンの名実ともにトップだった。ジョーンズは自らと教団の破滅を悟り、妻子を含む900人以上もの信者を道連れに前代未聞の集団自殺を図ったのである。

1009jimjones-1.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

■カリスマ宗教家の誕生

 ジェームス・ウォーレン・ジョーンズことジム・ジョーンズは、1931年に米国インディアナ州で生まれた。父親はKKK(クー・クラックス・クラン)の支持者で、ジョーンズが12歳の時に妻子を捨てて家を出て行った。信心深く福祉活動に熱心な母親の下、ジョーンズも熱心に教会に通い、聖書を学んでいたという。また、マルクスやレーニン、毛沢東などの本を読む早熟さも見せていた。しかし一方で、猫などの小動物を殺して葬儀ごっこをするような異常性も垣間見せていたという。

JimJones_1.jpgpre class="stxt">画像は「BIOGRAPHY」より引用

 高校卒業後、ジョーンズは宣教師の娘マルセリーヌと結婚した。妻の勧めでメソジスト派の教会に通うようになり、自らも牧師として宣教を始めた。雄弁で話もうまく、人種差別撤廃を掲げた彼の説教はたちまち評判となり、とりわけ黒人などのマイノリティ層から大きな支持を得た。

 次第に支援者も増え、1955年にはインディアナポリスに自らの教会「人民寺院」を立ち上げた。ジョーンズは食事やシェルターを提供するなどの社会福祉活動や差別撤廃運動に励み、私生活でも黒人やアジア系の子供を養子にして、自らの子と分け隔てなく育てた。反戦運動や公民権運動の盛り上がりもあり、ジョーンズは優れた社会活動家として評価されるようになった。とはいえ、信者の多くは黒人であるのに対し、ジョーンズをはじめ幹部は皆白人であった。

コメント

1:大家の205の隠しカメラ(エロ2017年10月16日 00:08 | 返信

53:42 あの缶205 薬物。薬物ハウスだね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?