>  >  > 北関東の村で守り継がれる「拝領桜」の悲しい真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
奇習! 赤ん坊の死体を櫻の樹の下に埋めて養分に…! 北関東の寒村で守り継がれる「拝領桜」の悲しすぎる真実

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 「桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ」――明治期の小説家・梶井基次郎作の短編小説『櫻の樹の下には』の有名な一節であるが、世の中には誠にもっておかしな風習が存在しているもので、この『櫻の樹の下には』のように、なんとも奇妙な代物を、桜の木の根元へと埋めていた人々がいる。 「うーん、これはね、私もあまりおおっぴらには言えないというか、それ...

関連キーワード