>  >  > 子ども3人がキッチンで丸焦げに…黒いマネキン化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1710_kidsburnedinkitchen_1.jpg
画像は、State Farm / Kitchen fire (from Flickr, CC BY 2.0)

 今月6日、茨城県日立市のアパートの一室で火災が発生し、母子含む6人が死亡する悲惨な事件が起きた。同県警によると、火災発生後に一家の父親が出頭し、犯行を認める供述をしているという。

 このように火災に巻き込まれ、子どもが死亡する事件はインドでも起きている。今月4日には、自宅の台所で遊んでいた子ども3人が焼死した。海外の動画共有サイト「LiveLeak」には、その直後に撮影された衝撃的な映像が公開されている。

 今回事故が起きた家の台所は、火床に薪をくべる伝統的な様式で、そこに子どもの体が誤って触れたと見られている。映像には全身黒焦げになり、息を引き取った3人の姿が――。洋服も皮膚も燃え尽き、両手をバンザイのように広げた状態で硬直した子どもまで……。周囲には、頭を抱えて大声で泣き叫ぶ母親らしき女性たちの姿も確認できる。

 インドでは、去年4月にもケララ州コーラム近郊にあるヒンズー教寺院で100人以上が死亡する大規模な火災が発生している。地元当局によると当時、寺院ではヒンズー教の新年を祝う祭りが開催されており、1万5,000人もの参拝客で溢れていたという。すると突然「バンッ! バンッ!」と大規模な爆発音とともに、花火を収納する倉庫から火の手が上がった。同火災事故は、100人を超える死者と380人以上の負傷者を出す大惨事となった。

 さらに今年9月には、マレーシアの首都クアラルンプールにある宗教学校の寄宿舎でも、教師を含む20人以上が巻き添えとなる火災事故が起きた。報道によると、同学校に通う男子生徒7人が放火したことで燃え広がった炎は、就寝中だった生徒や教師を瞬く間に飲み込んだという。この火災事故について、同国の消防庁長官も「過去20年間に国内で起きたもっとも悲惨な火災」と語っている。

 後を絶たない痛ましい火災。これから日本も冬を迎える。少しの不注意が悲惨な結果を招いてしまうことを肝に銘じておこう。
(文=北原大悟)


※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2017年11月12日 01:34 | 返信

そんなガス式とか近代設備でもないのに、薪を使用する台所くらいの火力で全身黒焦げに(しかも三人)なるかよ普通。いくら子どもといっても、何してたの?身体、もしくは服に火が付いてるのに熱いのずっと我慢して黒焦げになるまで泣き叫んでたの?本能のないガキだな。流石インド。あんな黒焦げになるまで周りは気付かないの?泣き声すらあげないのか?本能のないガキと、聴力の低い大人だな。流石インド。あーナン食いてぇ。

1:匿名2017年10月17日 01:19 | 返信

はいはい!
所詮 茨 城 県 なんざ 名前もまともに認識されてませんよ!

何が 茨 木 県 やねん 大阪ちゃうぞ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?