>  > 南極のド真ん中に超巨大穴「ポリニヤ」(4万平方km)が出現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

UFO

,

ポリニヤ

,

南極大陸

,

宇宙人

,

気候変動

,

南極のド真ん中に超巨大穴「ポリニヤ」(4万平方km)が出現! 形成から消滅までのメカニズムが不明、科学者困惑「宇宙人基地の可能性」の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 今年9月、南極のパインアイランド氷河から、フランス・パリの2倍もの面積(267平方km)を持つ巨大な氷山が分離したばかりだが、またしても南極大陸で異常が観測されたとのニュースが入ってきた。なんと、大陸のど真ん中に超巨大な穴が空いてしまっているというのだ。


■オランダと同じ面積の巨大な穴が出現

 オンラインユース「Business Insider」(13日付)などによると、現在、南極大陸にオランダ(41540平方km)と同程度の大きさの「ポリニヤ」と呼ばれる氷の穴がポッカリと空いているという。

南極のド真ん中に超巨大穴「ポリニヤ」(4万平方km)が出現! 形成から消滅までのメカニズムが不明、科学者困惑「宇宙人基地の可能性」の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 一般にポリニヤは沿岸部で形成されることが多いが、今回の巨大ポリニヤは海岸線からかなり離れたところで形成されており、そのメカニズムを巡って科学者らは困惑を隠せない様子だ。

「(この謎の大穴)は驚くべきものです。まるで氷に抜き型で穴を空けたかのようです」(カナダ・トロント大学、ケント・ムーア教授)

antarcticahole_04.jpg
画像は「National Geographic」より引用

 実は、同地には1974年にも米・オレゴン州(面積25万5千平方km)と同じ面積の穴が空いたことがある。この穴は1976年に閉じ、40年にわたり閉じられたままだったが、最近、トロント大学と「南大洋気候と炭素に関する観測・モデリング(SOCCOM)」の観測により、再び巨大穴が空いていることが確認されたという。

 この穴の形成、そして消失のメカニズムは未だ分かっておらず、今回の穴が今後成長を続けるか、いつ再び閉じるのかもまったく予測がつかない状況とのことだ。

●南極の巨大穴にまつわる他の未解明の疑問

・70年代の初観測以前に同様の穴は存在したのか?
・今回の穴が閉じたら、また40年間閉じっぱなしになるのか?
・気候変動が原因なのか?

関連キーワード

UFO

コメント

4:トランプ大統領2017年10月16日 23:32 | 返信

3:トヤ十よ、1は、不満だからやれって言っているんだよ!
なんだ?そのたまにやるってのは?
まったくやる気が感じられないではないか?
そういう心構えなら
これからも読者が得体の知れない記者に対しての罵詈雑言が絶えることは永遠にないね。
心霊スポットの生配信とか何日も取材した記録とかないのか?
無いというなら今からやれ!もうそこにテント張って一週間張り込んで調査しろ。
それくらいまじめにやれ!このナマケモノめ!

南極の穴はあれか?
深い意味でいうと私に行かせたいというのもあると思うが
普通に見るとこんなのは画像処理で出来た影という見方で終わるはずだ。
もし本当にエイリアンを倒しに行かせたいなら、それだけの援助してもらわないといけない。


3:トヤ十2017年10月15日 02:53 | 返信

※1
ここは海外サイトの記事の和訳文を載せるサイトなので、
そのような「仕事」はしません。
(たまにインタビューや心霊スポット取材はするけど)

2:匿名2017年10月14日 17:21 | 返信

穴がある=宇宙人の基地ww

1:匿名2017年10月14日 11:18 | 返信

「〜かもしれない」と言うだけで何も科学的検証を行っていない。つまり「裏」をとっていない記事なのがつくづく残念。研究者にインタビューするとか少しは仕事しないと。これじゃ個人ブログの感想文だよ。これで兼ねもらえるなら俺に書かせろって感じw いくらでも記事(感想文)書くよwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。