>  > ガチでヤバいシンクロニシティ体験/人間椅子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

オカルト

,

人間椅子

,

吉田悠軌

,

和嶋慎治

ningenisu1013-1.jpg
画像は、人間椅子公式HPより

 10月4日にバンド生活28年目の20枚目のニューアルバム「異次元からの咆哮」をリリースした人間椅子。ヘヴィでポップなハードロックは健在で、はやくも「噛めば噛むほど味が出るアルバム」「好きすぎて何回も聞いている」など大大大好評だ。

 そこで、前回もトカナで数々の不思議な話を語ってくれた、人間椅子メンバーの中でも大のオカルト好きとしても知られる和嶋慎治(G, Vo)に、アルバム各曲に込められた狙いから、現代日本の最新オカルト事情までうかがってみた。(聞き手:オカルト研究家の吉田悠軌)

thumbs_ijigen-300x300.jpg
異次元からの咆哮 (初回限定盤)/徳間ジャパンコミュニケーションズ


――レコーディング中の不思議な体験などはありましたか?

●1、自分がなくなる体験

和嶋 今回のレコーディングでは、心霊的な妨害や不思議なことは特になかったんだけど……。これは何度かあることで、「自分が無くなる」感覚があるんです。手も体も無くなって、ギターを弾いてる感覚も無くて、ただ音だけがある。でも音があるのにすごく静か。世界の全てが音だけになっているというか。そうなった時のプレイって、ピッタリ音が合ったりして、凄くいいんですね。そういう経験があるので、やはり異次元はある、この世に実体はなくてただ意識が生み出しているだけなんだ、と思ってしまうんです。

――具体的には、異次元についてどのようなイメージを持たれていますか?

waji-1010-45.jpg
画像は、和嶋慎治

和嶋 パラレルワールドが無限にあるのではないかと思ってます。薄~い紙の向こうに、無数の世界が隣り合っているような。人間って60億人以上もいるのに、どこからそんな魂が出てくるのか。輪廻転生じゃなくて、限りなく命が存在しないといけないんじゃないか。大きな命の塊りがあるとして、そこから無数にバリエーションが生まれるのかもしれない。他人にしてみても、彼らはただ自分の変奏曲であるだけ、あまり変わるものではない存在だと思っています。そしてまた、自分が何か選択していくと、その度に無数の次元が生み出されていくのではないか。そうなると次元が無限にあるとしか思えないですね。まあそういうことを考え出すと頭がおかしくなっていきそうなんですけど(笑) それを一曲一曲、色んな切り口で少しずつ書いているんですね。

waji-01.jpg
和嶋慎治

――『君の名は』『ララランド』のようなヒット映画でもパラレルワールド要素が盛り込まれています。『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』もそうですし……。

和嶋 あれ、じゃあ『異次元からの咆哮』も時代にマッチしてるじゃないですか! あまりテレビなど見ないようにしているんですが、似たようなことをやっていることってありますね。気づかないうちに皆の無意識が根底で繋がっている感じはする。だいたい皆、同じ時代に同じことをやっているから。チャンネルの開き方は人それぞれだけど、潜在意識は共通しているんでしょう。

 テレパシーもそれに近いんじゃないかな。集合的無意識のトンネルは繋がっているから、そこで通じている。テレパシーはその個人的な通り道みたいなもんじゃないのか……なんか自分でも口からデマカセ言ってるような感じがしてきましたが(笑)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。