>  > バチカン聖職者が児童ポルノ投稿!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 カナダ・オンタリオ州ウィンザー警察は、クリスマス礼拝のためにカナダを訪れていたバチカン外交官、カルロ・カペッラ司祭(50歳)を児童ポルノへのアクセス、所持、流通の罪状で令状を発行した。

 この捜査は、市内で容疑者が児童ポルノをソーシャルネットワーキングサイトにアップロードしているという情報をもとに調査が行われていた。容疑者は教会のコンピュータを利用して児童ポルノをアップロードし、その行為は何と12月24日から27日のクリスマス期間中に行われていたというから驚きだ。

xmaspornography1.JPG
バチカン総本山「サン・ピエトロ大聖堂」 画像は「Wikipedia」より

カルロ・カペッラ司祭

xmaspornography2.JPG
バチカン外交官のカルロ・カペッラ司祭 「Toronto Catholic Witness」の記事より

 カペッラ司祭はイタリアで生まれ、1993年に司祭となり2004年にバチカンに入った。彼はまた香港とインドでも勤務経験を持つ。バチカン国務省勤務の後、2016年からはバチカンのワシントン教会で外交官として勤務していた。

コメント

1:匿名2017年10月31日 22:29 | 返信

2000年以上前の作り話を盲信してるような連中だからなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。