>  >  > 15年間の植物状態から奇跡の回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

15年間の植物状態から回復! 脳のペースメーカー「迷走神経刺激法(VNS)」による奇跡の画像1
「迷走神経刺激法(VNS)」で15年間の「植物状態」から回復(http://jp.depositphotos.com)

 マルク・ジャンヌロー認知科学研究所(フランス)のAngela Sirigu氏らの研究グループは、交通事故による脳損傷で15年間も「植物状態」だった35歳の男性が、難治性てんかんやうつ病の治療に用いられる「迷走神経刺激法(VNS)」によって意識を取り戻し、「植物状態」から「最小意識状態」へ回復したとする研究成果を「Current Biology」9月25日号に発表した。

 発表によれば、Sirigu氏らは、男性患者の胸部に「神経刺激装置」を植え込み、繰り返し電気刺激を送る「迷走神経刺激法(VNS)」による治療を1カ月間にわたって実施。その結果、男性患者は対象物を目で追ったり、頭の向きを変えたりするなど、簡単な指示に反応するようになった。読み聞かせをすると覚醒状態を維持したり、誰かが急に近づくと驚きを示して反応した。さらに、脳波検査の結果、シータ波が増加していたことから、「脳の修復」が可能である事実が確かめられた。

「植物状態」と「最小意識状態」の違いは?

 Sirigu氏らによると、「植物状態」の患者が自然に回復することはまれで、「昏睡状態」の患者と異なり、目を覚ますことはあるが、昏睡状態と同様に自分自身や周囲の状況を認識していない。一方、「最小意識状態」では自分自身や周囲の状況を部分的に認識し、簡単な指示に反応できる。

 Sirigu氏らは、植物状態の患者に「迷走神経刺激法(VNS)」の効果を確認し、偶然の可能性を排除するために長期間改善の兆しがみられない患者を対象に選んでいる。

 Sirigu氏は「動物実験の結果を考慮すると、今回の結果は意外なものではない。迷走神経刺激法(VNS)の治療後にみられた変化が、植物状態から最小意識状態へ自然に移行した患者で認められている変化と一致していた」と話す。

 米ダートマス大学のJames Bernat氏は「一部の意識障害患者に迷走神経刺激法(VNS)が有効である根拠が示された。だが、植物状態も最小意識状態も、その程度や種類、脳損傷部位はさまざまであるため、すべての患者に当てはめるためには、さらに研究を重ねる必要がある」と指摘ずる。

「迷走神経刺激治療法(VNS)」は「脳のペースメーカー」

 さて、「迷走神経刺激法(VNS)」を知る前に、迷走神経の仕組みを簡単に見よう。

 迷走神経(Vagus nerve)は、12対ある脳の抹消神経の一つだ。延髄から出て頭部、頸部(咽頭、喉頭)、胸部(心臓、肺、食道、胃)、腹部(大腸上半部までの腸管、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓/骨盤を除く) のすべての内臓に分布し、感覚、運動、分泌を司る。第10脳神経とも呼ばれる。大部分が副交感神経からなり、平滑筋の運動や腺の分泌機能を調節する。

 迷走(Vagus)は、中世のラテン語で放浪を意味するが、末梢神経が複雑な走行と分布を示すことから迷走神経となった。主な働きは、食欲調節、嚥下運動(食物を飲み込む)、消化液の分泌調節、心拍数の調整、胃腸の蠕動運動を始め、発汗や発話、頚動脈における血中ガス分圧の感知、外耳道の体性感覚など、生命活動の根幹に関わる重要な神経系だ。

 では、「迷走神経刺激治療法(VNS:Vagus nerve stimulation)」とは何か?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。