>  >  > 伝説の殺人鬼エド・ゲインの食人心臓鍋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 殺人鬼は数多いるが、エド・ゲインほどサブカルチャーに影響を与えた者はいないだろう。『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス、『サイコ』のノーマン・ベイツ、『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビルなどの数々の伝説的ホラー・サイコスリラー映画の元ネタであり、昨今の日本でも『Fate/zero』の雨生龍之介や『ゴールデンカムイ』の江渡貝弥作などといったキャラクターが生まれている。「プレインフィールドの屠殺人」とも呼ばれたアメリカンホラーの源流エド・ゲインは今なお語り継がれ、遠く日本の文化にさえ影響を与えているのだ。

1016gein-1.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

■狂信的な母と異常な教育

 エドワード・セオドア・ゲインは1906年8月27日、米国ウィスコンシン州に二人兄弟の次男として生まれた。子供たちの幼少期、一家はウィスコンシン州プレインフィールドの町外れに、後に惨劇の舞台となる農場を購入して移住した。

1016gein-2.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 父ジョージはアルコール中毒で、しばしば家族に暴力を振るった。母オーガスタは夫を嫌い、役立たずと常日頃から罵っていた。離婚しなかったのはひとえに信仰のためである。オーガスタは狂信的なクリスチャンで、しつけに厳しく、独善的な女性だった。自分は常に正しいと信じ、世界は悪徳と邪悪と不道徳に満ちていると信じていた。プレインフィールドへ引っ越したのも、溺愛する息子たちを外界に触れさせないためであった。彼女は息子たちに世間との接触を禁じ、友達をつくることさえ禁じた。父のようになるなと言い聞かせ、時に夫の死を共に祈らせた。

 オーガスタはまた、狂信的な宗教教育を行っていた。世界の破滅は近いと息子たちに教え、飲酒は悪である、子供をつくる目的以外の性行為は悪である、自分以外の女性は不潔な売春婦などと言い聞かせた。オーガスタは性を嫌悪していた。そして、男性器は悪徳の象徴で堕落へと誘うものだと教え、息子たちに自分の男性器に唾を吐きかけるよう命じたという。

 オーガスタの異常な教育もあり、友人をつくろうとしないゲインは学校でいじめられた。ゲインには突然笑い出す癖があり、それがまたからかいの種になった。一方で、成績はそれほど悪くなかった。

コメント

1:匿名2017年10月23日 11:39 | 返信

毎回安定の超刺激コーナー
個人的には好きだよ、このコーナー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?