>  > 3世代も奇形児が生まれるベトナム戦争「枯葉剤」の悲劇写真10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 枯葉剤作戦は、ベトナム戦争中の1962年から1971年にかけて行われたアメリカ軍の軍事作戦である。ベトコンが潜む森林を失わせ、同時に食料を絶つ目的でベトナム共和国の農村部一帯に推定1,200万ガロンもの枯葉剤を散布した。その中で、最も多く使われたのが「オレンジ剤」と呼ばれる枯葉剤だ。


■現在も被害が続く悲惨な「枯葉剤作戦」の影響

 ベトナムのホーチミンは、今でこそビジネスの発展が目覚ましいアジアの大都市であるが、わずか40年前は現地でまだベトナム戦争が行われており、「悲しい歴史を背負った町」という側面もある。中でも、戦時中に米軍が行った「枯葉剤作戦」が悲惨だった。

 当時の米軍は、ベトナムの自然環境破壊や食糧を奪う目的で、農村地帯に9年間も枯葉剤を撒き続けた。最も多く散布されたのが「オレンジ剤」と呼ばれる薬剤である。ベトナムの共産化を阻止する口実でアメリカは1965年から本格的に軍事介入したが、実際に現地でやっていたことは「むごい」の一言でしか表現できない、毒入り薬剤の散布――。

 その結果、50万人ものベトナム人が死や病気に苦しめられ、実はその被害は現在も残されており、被毒3世の子どもも身体障害を訴えている。過去の話として簡単に忘れ去るべき史実ではないため、今ここに掲載しておこうと思う。


・オレンジ剤の被害により目が無いまま生まれた子ども

agentorange1.JPG
EWAO」の記事より

 彼はオレンジ剤被害者用の児童養護施設にいる。その施設には、こうした症状に悩まされている児童が、実に125名も収容されている。


・自分で入浴できない被毒者

agentorange2.JPG
EWAO」の記事より

 オレンジ剤の影響に苦しむ母子。母親自身は健康を害さなくても、生んだ娘に影響が出てしまった例だ。被毒者である娘は一生、自分で体を洗えない。


・オレンジ剤の影響を受けた14歳少年

agentorange3.JPG
EWAO」の記事より

 55歳の母親は、少年の動作の全てをサポートしなくてはならない。この体で、少年が自分で起き上がれるはずもない。どれくらい毒を撒けば、このように後世にわたって影響が出るものなのか? それを証明する写真がある。

コメント

4:匿名2017年10月31日 04:59 | 返信

アメリカはベトナムに対して賠償とかしてるの?
この戦争はアメリカが負けたんだから、自分の蒔いた毒位自分で後始末しろよ
そうじゃないなら、戦争に負けたくせに世界の警察ぶってベトナムにまでデカイ顔してるならクズだ

3:匿名2017年10月29日 11:43 | 返信

奇形になる公害なんて日本にも昔からあるでしょ。
摂取して奇形になったり、子供に遺伝したり。
薬剤が遺伝子を破壊して遺伝子が奇形になってしまったりと目に見えないものもあり、治療なんてどうやってするのよ。
安楽死が一番ってあなたが面倒見る訳じゃないんだから、余計な事言わずに公害や毒について調べてろ

2:は2017年10月26日 22:05 | 返信

誰にきいとんねん、自分で調べろや。
コメントださ

1:トランプ大統領2017年10月23日 16:51 | 返信

気になるのは枯葉剤のなにが
奇形にさせるのだろう?
それくらい記事に書いてもらいたい。

日本のダイオキシンはベトナムよりも
ひどいとテレビ番組で観たことがあるが
奇形になる公害なんて聞いたことがない。
ウクライナの暗殺されかかった元大統領
は顔が崩れてしまったが
生殖機能はだいじょうぶなのか?

ベトナムの毒と種類が違うのか?
濃度が違うのか?疑問はある。

奇形は安楽死が一番
モルモットのように作り出す方が
どうかしている。
治療してから子供を作るべきでしょう。

白人はインディアンを大量虐殺しているから
ベトナム人なんて人間だと思っていない。
自分達の都合しか考えないし、聞く耳も無いし、人権を訴えるがそれは偽善である。
反トランプと同じ、この地球に人権など無い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。