>  >  > 芸人と大物女優の結婚7例!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1017kekkon_sasaki01.jpg
※イメージ画像:『かくしごと』(集英社)

 女優の佐々木希とお笑いタレント・渡部建(アンジャッシュ)が10月8日、東京・明治記念館で挙式・披露宴を行った。

 ふたりは2015年4月に「女性セブン」(小学館)のスクープにより交際をキャッチされ、今年1月からは同棲生活を始めたとも報じられていた。しばらくの間、渡部はテレビ番組などで佐々木との交際をネタにされていたが、そのときは肯定も否定もしなかった。だが、今年4月、出演した『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の生放送でついに結婚を発表する。

 今でこそ、お笑いタレントと女優との結婚はさほど驚くような出来事ではなくなった。しかし、芸能界のヒエラルキーでお笑いタレントの立場が不当に低く見られていた昔では考えられないことだったように思う。このカップリングの先駆けとなったのは明石家さんまと大竹しのぶの結婚だったのではないだろうか。

1017kekkon_sanma.jpg
※イメージ画像:『本人vol.11』(太田出版)

●さんまと大竹しのぶ

 当時人気絶頂だったさんまは、勢いそのままにゴールデンタイムでのTBS系ドラマ『男女7人夏物語』の主役に抜擢。そのときのヒロイン役が大竹だった。ドラマは最終回の視聴率31.7%を記録するなど爆発的な人気を博す。その後もふたりは『男女7人秋物語』(TBS系)、映画『いこかもどろか』で共演。いずれも大竹とさんまの台本の存在を感じさせない自然かつ軽快な掛け合いが評判を呼ぶ。さまざまな作品でふたりが息の合う恋人として出演して認知されていたためか、1988年の結婚も世間から好意的に受け入れられたようだ。そういえば、お笑いタレントの連ドラ主演もさんまが先駆けだったように思う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。