>  >  > 米大学が公開した宇宙写真に本物の“葉巻型3点UFO”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 人類の宇宙進出が活発になりはじめた1960年代――。NASAの動きに注目していたのは当時のソ連だけではなかった? 人類の宇宙進出は地球外文明からも極めて注意深く観察されていたのかもしれない。1965年に宇宙空間で撮影された画像の中に“葉巻型”UFOが写り込んだ写真が発掘されたのだ。


■ジェミニ10号から撮影されたUFO写真

ThinkstockPhotos-692687026.jpg

 1961年から1966年にかけて行われたNASAの2度目の有人宇宙飛行計画が「ジェミニ計画」だ。10回の有人飛行が行われ、16名の宇宙飛行士が参加している。

 宇宙開発競争において先行するソ連に追いつく成果を挙げた「マーキュリー計画」に続き、勢いをそのままにソ連を追い抜こうという野心を秘めたプロジェクトがこの「ジェミニ計画」であった。そして実際に8日間の宇宙滞在や宇宙遊泳、宇宙船のドッキングなどの各ミッションをすべてクリアし、開発競争でソ連を追い抜き月面への一番乗りにつながる礎になった計画でもある。

 計画に使われたジェミニ宇宙船は10機以上も作られ、選抜された宇宙飛行士が乗り込み次々と宇宙へ送られたのだが、その中で1966年7月18日から同21日にわたって宇宙に滞在したのがジェミニ10号であった。搭乗者は後に両者共後のアポロ計画に参加するジョン・ワッツ・ヤングとマイケル・コリンズだ。

 ミッションではコリンズが49分間にわたって宇宙船のハッチから宇宙空間に半身をさらし、人工衛星・アジェナから実験機器を回収したりするなどの任務を成し遂げたが、彼は約3日間かけて地球を43周する間に、多くの写真撮影も行っている。

gemini10mission2.JPG
March to the Moon」より


 現在、米アリゾナ州立大学の地球・宇宙探査大学院(School of Earth and Space Exploration)による特設ホームページ「March to the Moon」上でこの時に撮影された写真を閲覧することができる。そしてジェミニ10号から撮影された画像の中に、奇妙な光を発する細長いUFOが写り込んでいる1枚があることが最近になって指摘されている。いったいこれは何なのだろうか。

コメント

5:匿名2017年10月23日 08:28 | 返信

普通に人工衛星かデブリの可能性はないのかしら?

4:匿名2017年10月23日 07:56 | 返信

>>3

五月蝿い統失野郎だなw

3:トランプ大統領2017年10月23日 05:29 | 返信

1よ、この宇宙船とされるものには当てはまらないだろうが

ジェットエンジンには特殊なものがあって

宇宙船用のラムジェットエンジンがあるらしい。

事前にジェットエンジンを調べてみたのか?あんたの方が間抜けで無知だ。

無知と言う言葉を使うこと草を生やす奴、お前チョンだろ?

よく、私のことを香川だとかしんじだとか言う奴。

確かに香川かもしれんがせめて碇シンジにしてほしい。

あとパクチーは臭いからやめてほしい。

2番も怪しいな。しんじだけに記者のしんじくんが自作自演しているんじゃないのか?


2:匿名2017年10月22日 20:08 | 返信

>よく見ると光の周囲に機体のシルエットらしき陰影も確認できる。

レンズフレアじゃね?
御免な、水差すようなコメントして

1:匿名2017年10月22日 11:46 | 返信

「あるUFO研究家によれば、この光はジェットエンジンのような推進装置から放出されているものであるということだ。」

はぁ?この研究家は無知かな?w
空気の無い宇宙で、どうやってジェットエンジンで燃料を燃焼させるんだ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。