>  >  > 自らの小指を“肉切り包丁”でガチ切断する中国人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1710_chineseyoutuber_1.jpg
画像は、Martin Lopatka / butcher (from Flickr, CC BY 2.0)

 動画共有サイト「YouTube」に映像を投稿し、視聴数に応じて収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」。今や億単位の年収を稼ぐユーチューバーも存在し、男子中学生の“将来なりたい職業”第3位にランクインするほどの人気ぶりだ。日本国内には「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」など、チャンネル登録者数が500万人を超えるモンスターユーチューバーも存在する。

 しかし昨今、そんなユーチューバーの炎上騒動が目立つ。今年3月に浮気疑惑が浮上したはじめしゃちょーは、その後に公開したゴルフクラブを破損させる動画が大炎上し、一時活動休止に追い込まれることに。その後も、自称“年収5億円ユーチューバー”のヒカルが詐欺疑惑で炎上。無期限の活動停止となるなど、不祥事が相次いでいる。

 ネットを使って誰もが名声を手に入れられる時代が到来し、海外では注目を集めようと狂気じみた行動に出る者も少なくない。今月7日、ショッキングニュース「BestGore」に公開された動画に収められていたのは、ネット界のスターになろうと自らの指を刃物で切り落とす中国人男性の姿だ。

 生活感あふれる部屋で、カメラに笑顔を向ける中国人男性。そして、床に敷かれたタオルの上に左手の小指を置き、右手で肉切り包丁を掴むと、狙いを定めて一気に叩きつけた。“ガンッ”と鋭い音が響くが、一撃で切断することは叶わず……。血だらけになった左手からは、辛うじて皮膚で繋がった小指がダランと垂れ下がっている。

 中国は7億人以上のネット人口を抱えるネット先進国で、同国にはユーチューバー同様「網紅(ワンホン)」と呼ばれる、絶大な人気を誇るインフルエンサーも存在している。地元メディアによると、将来の夢にワンホンを挙げる小学生も多いという。

 それにしても、自ら身体の一部を切断してまで他者の注目を集めようとするとは常軌を逸している。社会は今後、このような行為を思い止まらせる方法を見つけることができるだろうか?
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2017年10月31日 12:24 | 返信

ツィッターには バカッター
YouTubeには ユーチューバカ
インスタには インスタ蝿
どこもかしこも バカばかり(笑)

1:トランプ大統領2017年10月31日 01:24 | 返信

中国人なのだから人肉を食べる映像でも配信しないと注目されない。
指を切っただけでは意味がない。あほくさい。

堕胎した胎児をもらって来て、料理を作って食べて感想を述べるとか
もっと過激なのを期待している。
中国では人肉が最高の食材なはず!
中国人なら死んだ息子でもなんでも料理して食べるべきだ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?