>  >  > 8週間の瞑想で脳が“生まれ変わる”ことが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
mindfulness_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 身長の伸びは18歳前後で止まってしまうが、筋肉は歳を取ってからでもつけることができるのは周知の通り。そして脳も齢を重ねてからでもたくましく鍛えられることが最近の研究で指摘されている。その鍵を握るのが瞑想だ。


■8週間の瞑想で脳の灰白質が増す

 ハーバード・メディカルスクールの研究者をはじめとする合同研究チームが2011年に発表した研究では、8週間の継続的な瞑想で脳の構造が目に見えて変化したことが報告されている。瞑想プログラム(マインドフルネス)の参加者は平均27分間の瞑想を1日1回、週に6日行い、8週間が経過した後の脳の状態を研究チームが精密に検査した。

 8週間の瞑想を体験した脳は、プログラムの実行前よりも海馬(hippocampus)の部分の灰白質(gray matter)密度が高まっていることがわかった。脳のこの部分は記憶や自己意識、同情心、考察などの活動に関係しているといわれている。

 参加者のうち、瞑想を始めてからストレスが低減したと報告している者の脳では、扁桃体の部分の灰白質密度の減少が見られた。扁桃体は不安とストレスの中心的役割を担っているといわれ、この部分の灰白質密度が低くなっているということは、不安やストレスが抑制されていることを意味する。

changethebrain1.JPG
Ancient Code」の記事より

 その一方で、高等な類人猿特有の共感や自己認識的な感情に関わりがあるとされる島皮質(insula)には変化は見られなかったということだ。この部分の変化を引き起こすにはさらに長い瞑想のキャリアが必要とされると考えられるということである。

「脳の変幻自在な可塑性(plasticity)を目の当たりにするのは素晴らしいことです。瞑想の実践によって、脳をポジティブに変化させ健康と生活の質を高めることができます。異なる参加者による他の研究では、瞑想がさまざまな症状を改善できることが示されており、現在、この変化を容易にする脳の基礎的メカニズムを調べています」と研究報告は結ばれている。瞑想はまさに“脳の筋トレ”というべきものなのかもしれない。習慣づけることでさまざまな好影響がもたらされるようだ。

コメント

2:匿名2017年12月 5日 20:54 | 返信

>>1
やってもないのに嘘だって決めつけるのはどうかと思うけど
瞑想は実際に効果があるよ

1:匿名2017年10月24日 17:24 | 返信

平常心で嘘記事を書きまくるには必須プログラムだね(爆)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。