>  >  > 温泉に含まれる「硫化水素」、卵の臭いが消えたら死の前兆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】
第26回 硫化水素

ryukasuiso_02.jpg

 定期的に中毒や死亡事故で知られる硫化水素

 以前、自殺に多用され、その自殺方法をマスメディアが流したことから、いくつもの石灰硫黄合剤入浴剤が販売停止、倒産となったニュースをまだ覚えている人もいるかもしれません。

 硫化水素は自然に多く発生するガスで、火山性ガスの中でも有毒ガスといえば硫化水素といわんばかりに強力なガスです。構造も水素を2つもったイオウということで、分子構造は水に近いものの性質は全く異なります。低濃度であれば、それほど猛毒というほどでもなく、実際に温泉に含まれているのも知られています。

 微量の硫化水素が溶けた水はむしろ健康増進(免疫を刺激して活性化させる)にもなるという話もある上、ゆで卵や卵が腐った臭い、下水の臭いなどにも検出されるように非常に身近な気体と言えます。この臭いを感じる濃度は意外と狭く、0.03ppm~10ppmくらいの微量に対して強く臭いを感じます。

 健康な成人が1日8時間被曝しても影響がない最低限の許容濃度が10ppm(0.0001%)です。20~30ppmぐらいの濃度になると、そもそも腐食性のあるガスなので臭覚細胞が嗅覚疲労を起こし、数秒で臭いを感じなくなるという恐ろしさがあります。数百ppm以上ともなると、臭いを感じる前に意識低下を引き起こし、1000ppm以上では速やかに死に至ります

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。