>  > 【独占スクープ】「机の上に山盛りの大麻」三宅洋平の疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

三宅洋平

,

大麻

,

石丸元章

【3ページ目に、武蔵野市議会代表者会議 全文掲載】

 SNSを戦略的に活用した選挙戦で名をはせ、昨年の参院選挙では憲法改正の危うさなどを訴えて257036票を集めたストリート系の政治家・三宅洋平氏が、自身の政治団体「NAU(ナウ)」のスタッフの告発により、政治活動中の大麻所持疑惑など、大麻問題で揺れている。

re-miyake000.jpg
画像は、三宅洋平オフィシャルサイトより
  

 とはいえ、かねてから大麻合法推進派であることでも知られていた三宅氏に所持疑惑が浮上したところで、大きな衝撃はないかもしれない。しかし、この疑惑には「現役市議の大麻黙認疑惑」「政治活動中の大麻吸引疑惑」「政治団体の同調圧力と崩壊」などストリートと政治の在り方・関係性の未来を考える上での試金石となりかねない複数の問題が含まれることが、取材によって明らかになったのだ。果たして、大量の若者支持者を街頭に集めてきたカリスマに何が起こっていたのか――? 取材第二弾は、“大麻疑惑”をFacebookで告発し、世の中に問いかけた「NAU」元主要スタッフのK本さんへのインタビューを掲載する。


「三宅氏大麻所持疑惑」告発内容と現在までの流れ


miyakeyouhei.jpg
画像は、フェイスブックに掲載された告発文

4月8日 NAU総会前日に三宅氏含む主要メンバー5人が大麻を回し吸い。机の上には大量の大麻。
4月9日 NAU総会 大麻所持
4月11日前後 告発者であるK本さんが「政治団体の総会に大麻が持ち込まれた問題」についての総括を主要メンバーに求める。
4月15日 三宅氏や武蔵野市議会議員S氏含む8名の間で、大麻問題についての説明会が始まる。ここで、三宅氏本人が「自分が自宅(総会会場)に大麻を持ち込んだ」と認める。しかし、今後政治団体に大麻を持ち込まないなど、問題についての明言は避ける。
4月~5月 K本さんは、再度、三宅氏含むメンバーにきちんとした説明を求める。この間、K本さんは原宿警察署にも相談。
6月13日 4月9日のNAU総会に三宅氏によって大麻が持ち込まれたことをK本さんがFacebookで告発。
9月8日 ネットでこの告発が話題になる。
9月10日前後 NAUメンバー数名がSNSで「大麻ではなかった」「デマが拡散されている」など反論。
9月14日 三宅洋平公式ブログで、約1万人の支援者がいると言われる自らの政治団体NAUの解散を突然宣言。
9月20日 武蔵野市議会がS議員に関する「大麻黙認」疑惑について特別会議が開催される。S議員は黙認の事実を否定。
9月22日 トカナの取材によって、K本さん以外のNAUメンバーから「4月15日、三宅氏は大麻所持を7人の前で認めた。そこにS議員もいた」との証言を得る。
10月5日 トカナの取材によって、政治団体NAU以外の関係者から“大麻疑惑”などを裏付ける証言を得る。


■なぜ告発を決意したのか?  ロングインタビュー

 約束の日、時間よりすこし早く、K本さんは凛として指定の場所に現れた。黒髪・黒い瞳・ニットジャケットが都会的な印象だ。3児の母の33歳、可愛らしい女性だ。そして、簡単な互いの自己紹介のさなか、取材班はつい場違いな声を上げてしまった。K本さんは、大ヒットファミコンゲーム『桃太郎電鉄』作者のS氏の一人娘だというのだ。つまり、社会的地位をもつ人物が、名誉毀損のリスクを背負ってまで行った覚悟ある告発なのだ。

――はじめまして。いきなりですが、K本さんがフェイスブック・ツイッターに、三宅洋平さんとNAUの大麻使用を告白されたのは、なぜでしょうか?

K本さん(以下、K本) 正確には総会の前日の4月8日。総会に向けた準備の場にいたNAUを運営するスタッフ5人(三宅氏含む)の間で大麻がまわされました。わたし自身もまわってきて一口吸ってしまったのですが、大麻という違法薬物が「どう、吸わない?」と、三宅事務所の中で、三宅さんの目の前でまわされていたのです。

 もちろん三宅さんも吸っていて、部屋の机には大量の大麻もある…これはどう考えても異常な光景です。多額の寄付金を集めて運営されている公式な政治団体『NAU』で、違法である大麻を吸うことが“当たり前”として行われていたのです。とはいえ、私は別にプライベートでの行いに興味はありませんし、そこは他人をどうこう詮索するべきではないと思っています。しかし、総会には大麻愛好者以外の支援者も当然いて、そうした人を巻き込む危険性もあったのです。

 また、NAUは違法行為のない政治を他陣営や議員に求めているにもかかわらず、自分の組織には“甘い”という矛盾にも疑問をいだきました。なので、まずは、NAU内でこの問題をしっかりと説明して支援者の方にも報告する義務があると思いました。そして、幾度もNAU内での議論の必要性を訴えたのですが、うやむやにされたため、悩みながらもFacebookに投稿したというのがいきさつです。


――なぜ大麻だとわかったのでしょうか?

ThinkstockPhotos-503022004-(2).jpg
画像は、Thinkstockより

K本 確実に大麻だと確信を得たのは、私が一口吸ったあと、その場にいたメンバーと“大麻に関する話”を机の上の山盛りの大麻を見ながら話したからです。その後、4月15日には、三宅さん自身が、武蔵野市議会議員S氏を含むメンバー7人の前で「自分の家だから(総会の場だとはいえ)大麻を持ち込んだ」とハッキリ告白した上で、なぜ大麻を吸ったのか説明しました

 私が大麻について説明と責任を果たすべきだと主張したことを受けて、三宅さんが大麻について説明をしたわけですが、結局、具体的な改善策や支援者への報告など、団体としての責任が伴う話はスルーされてしまいました。そしてもうひとつ私が驚いたのは、その後のやりとりにおいて、市議会議員であるS氏もこうした問題を黙認し、「自分の知り合いは誘えないけれども、勧誘は続ける」と話していたことです。

<※トカナ取材班が、K本さん以外に現場に同席していた人物に確認したところ、三宅氏が「大麻を持ち込んだ」と発言したことと、「市議会議員であるS氏がこの場にいて大麻所持の事実を知っていたこと」は事実であると認めた。しかし、S氏はこの日の会合で大麻について語られたことを一貫して否定しており、9月20日に武蔵野市議会が開いた特別会議でも、否定している>

youheiyouroku.jpg
S氏が会議で証言した内容(要録から一部抜粋)


――選挙などを通じて一緒に時を過ごしてきた仲間内の秘密を明らかにするのは、勇気のいることですよね。

K本 Facebookに投稿後は、「(書くのは)やめなよ」「記事を消してほしい」「ムーブメントが盛り下がる」「皆の希望の種を摘む気か」「山本太郎に迷惑がかかったらどうすんだ」と言われたり、SNSをブロックされたり……いろいろなことがありましたね。メッセンジャーを通じて内部で議論にもなりました。そういうなかで、「あれはヨモギだったんだ」と嘘をネットに流し出す人もいて、それについては、別の意味でショックでした。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年10月22日 23:25 | 返信

写真撮るなり録音するなりできるでしょうに。
スマホ持ってないのかな?
今時の世の中で有り得ないでしょう。
よって嘘

1:中田 祐志2017年10月21日 22:57 | 返信

くだらないですね。
告発者も告発された方も、くだらない。
言葉のチョイスに見え隠れするくだらないプライド。ほんとに情けない。

こんなことにも首突っ込むんだね、石丸元章。ますます嫌いになった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。