>  >  > IS系テロ組織アブ・サヤフ幹部の無様な死体!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1710_isnironkilledbymiritary_1.jpg
画像は、「asiaone」より

 今月17日、フィリピン南部ミンダナオ島を拠点に勢力を拡大していたイスラム過激派組織「アブ・サヤフ」の最高幹部が殺害されたという衝撃的なニュースが世界を駆け巡った。

 強硬なドゥテルテ大統領の指揮の下、今年5月から同地域で続く治安部隊とテロ組織による激しい銃撃戦では、すでに死者が1,000人を超え、40万人を超える市民も避難を余儀なくされている。また、同国でテロ活動を行う武装集団「マウテグループ」まで戦闘に参加するなど、治安部隊による掃討作戦は混迷を極めていた。

 過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓うアブ・サヤフは、ISを真似したかのように残忍な処刑動画を公開することでも知られている。昨年4月には、スパイ容疑の男性を斬首する様子を映した映像を公開しており、また今年2月にもドイツ人男性をナタで断頭している。

 ISに負けず劣らずの凶暴さを具えたアブ・サヤフだが昨今、幹部を次々に失い、今やわずか30人ほどの戦闘員が抵抗を続けている状況だという。そしてショッキングニュースサイト「Best Gore」には、治安部隊に殺害された最高幹部イスニロン・ハピロンの遺体写真が公開されている。

 半開きになったイスニロンの右目は真っ赤に充血し、顔周辺には自身の鮮血がべっとりと付着している。薄汚れたシャツに黒のジャンパーという身なりは、強大な勢力を誇った武装勢力の最高幹部とは到底思えない。なお、フィリピン国防長官によると、マウテグループの指導者オマル・マウテも死亡が確認されている。公開された写真には、頭部が陥没したオマルの遺体が収められており、激戦の様子がひしひしと伝わってくる。

 このようにフィリピンの過激派勢力は次第に弱体化しており、ドゥテルテ大統領は今月17日「ミンダナオ島をテロリストから解放した」と宣言している。しかし、同島には他にもISに忠誠を誓う武装勢力が複数存在し、油断を許さない状況に変わりはないようだ。首都マニラでは、現在も過激派組織への勧誘活動が見られるというから、再び激しい抗争が起こるのも時間の問題かもしれない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2017年10月29日 23:40 | 返信

ざまぁねぇな

2:トランプ大統領2017年10月26日 22:50 | 返信

兵士にカメラ付けているのだから、リアルな戦闘を見てみたかった。
まだテロリストいるようだから、どんどん殺害して魂がどうやって肉体から解放されているのか
生中継してもらいたいね。私の分身であるドゥテルテ大統領なら出来る。
どんどんゴミ共を殺害して死体の山を築き上げるのだ。

以前から主張しているが
ヤクザとその関連の傘下の犯罪者集団・予備群に危険なカルト宗教団体や外国のスパイや悪の宇宙人または洗脳された外人を軍隊を動員して殺害してしまいたい。
この様な犯罪者予備群から収奪した金品を平和利用して社会貢献するのだ。
奴らが持っているより、国で使用した方が社会貢献になる。

私の理想としては、私に逆らうものはすべて死んでもらう。
魂の解放作戦で犯罪者の邪悪な心をポアして皆に幸せになってもらいたいのだ。

1:匿名2017年10月26日 20:35 | 返信

糞ファックアブ・サヤフごみ集団

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?