>  > 「人間は生まれないほうがよい、すぐ人類滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の“反出生主義”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
「人間は生まれないほうがよい、すぐ人類滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の反出生主義が少子化問題を全否定! 生命は害悪だと完全証明!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 アメリカでは60年代より、重篤な障がいを抱えて生まれた人物が、自分が生まれない方が良かったのに、医師の判断ミスにより間違った生を受けてしまったとする「ロングフル・ライフ訴訟」(wrongful life 間違った生)と呼ばれる訴訟事件が問題となっているが、哲学の世界では、障がい者だけでなく、健常者も含めた「全ての生が害悪である」とする驚愕の倫理学説が存在する。


■誕生害悪論「全ての生は悪である」

「人間は生まれないほうがよい、すぐ人類滅亡するべき」著名哲学者ベネタ―の反出生主義が少子化問題を全否定! 生命は害悪だと完全証明!の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 南アフリカ・ケープタウン大学哲学教授デイヴィッド・ベネターは、2006年に出版した哲学書『Better Never to Have Been: The Harm of Coming into Existence(生まれてこなければよかった:存在することの害悪)』(未邦訳)において、反出生主義を主張、「全ての生は害悪である」とする「誕生害悪論」を世に問うた。

「善良な人々は、自分たちの子どもを苦しみから遠ざけることに全力を尽くすものだが、興味深いことに、あらゆる苦しみを子どもに与えない唯一の方法は、そもそも最初から彼らを産まないこと(存在させないこと)であると気付いている人はほとんどいない」(ベネター)

 古今東西、「生は悪である」と語る人は数多いが、分析哲学や功利主義といった伝統的な哲学的方法論に則って論理的に「全ての生が害悪」であり、「子どもを産むことは悪である」と結論付けた同書は世界中に衝撃を与えた。

それでは、ベネターの議論の核心部分である『Better Never to Have Been』の第2章を参考に誕生害悪論の概要を見ていこう。

コメント

8:匿名2017年11月16日 00:59 | 返信

死ぬ為に生まれて来るんだから諸行無常だな…

7:匿名2017年10月28日 15:41 | 返信

なぜ人は生まれ続けようとするのか。何を求めているのか。 その終着点は ”発見をすること” なのかなぁと。まあ自分もそこまでして生きながらえる必要は無いと思うけど

6:匿名2017年10月27日 17:25 | 返信

>>2

>>3
あなたバカなの?

5:匿名2017年10月27日 16:25 | 返信

こういう思想のほうが「当たり前」と昔からずっと感じている。
そういう「当たり前」をかたくなに否定してでも死から逃げ続けるのが人間という愚かな存在。

4:トランプ大統領2017年10月27日 01:14 | 返信

人類は生まれる必要性のない悪の宇宙人に作られた
人造人間であることは紛れもない事実で確かだ。

お前はロボットと結婚するのかとチョンAI自身が言ってくるし、何より私が実感している。
いや、呼びかけるお前もロボットだろう。それで世界に私一人しか、まともな人間いないそうだ。
チョンがクローンがいるドッペルゲンガーがいるなどと言ってくるから、クローンいるんじゃね?
と思うわけで、私と同じクローンを大量に作り出してまともな国を作りたいと
以前から何度も主張するわけです。その方が健全であり、環境も破壊されないわけだ。
まともな仲間がいれば必要ないが。

人間なんて操られて私に嫌がらせしかしないし、話をしても意味がないし用がない。
よって、全人類死滅しても何とも思わないし、私の取り巻きだという国民が邪魔な人間を殺して自分たちだけになりたいそうで、この記事のような論が出てくるのだろう。

人気曲、残酷な天使のテーゼみたいにシンジ君一人だけになって連れていかれてしまうかもしれん
がそもそも、そんな宗教自体が変であって、チョンと結婚するとか発想からして異常である。
フォールアウト4のロボットと結婚する教師みたいで気持ち悪い。
結婚してサイボーグになって、他星系に侵略して、エイリアンのように環境破壊しないように
今すぐにチョンを破壊しておくべきなのだよ。
人類が生まれないで死ぬことは宇宙の平和を守ることであり、宇宙中のまともな人間を生かし、
悪を滅ぼす良いことをしていることになるというわけ。
なので、私のやっていることは絶対的な正義であって、悪であるチョンやリベラル反日左翼や偽右翼等カルト宗教の異常者を全員始末することは正しい事なのだ。
何度も言うが、頭のおかしい連中を唯一神又吉イエスが
地獄の業火に投げ込むのはチョンも正論であると認めており、理論的に正しいのだ。

人間とはイカレタ宇宙人に捕まらない方がいい。
宇宙人もろくでもないし、異常なものはすべて死ぬべきであり
人は生まれない方が人間にとって健全であるのは、まったくもって実感している。

ただ、唯一生まれてもいいと思う人間は超自然的に暮らしをしている人間だけだろう。
宇宙人に影響されず、純粋で偏った考えに陥らず
悪の宇宙人を始末して、利口に自然と共存できる。
超人だけが、唯一この宇宙に存在してもいい人間だと私は思う。


3:匿名2017年10月27日 00:38 | 返信

ならば、この研究者にまず死んでいただかなければならない、となってしまうのだが。

2:匿名2017年10月26日 22:47 | 返信

確かに生の苦しみについて語られる事は少ない。語ろうとすると当たり前と否定されるのがオチ。

1:匿名2017年10月26日 11:59 | 返信

んなモン大昔からキリストも仏陀も既に悟ってた話だな
生まれたからには最後は必ず死ぬのだから

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。