>  > ハロウィンで古代民族が行った儀式5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 一説によると、ハロウィンはキリスト教よりも長い歴史があるとされ、古くは古代ケルト人が行った“サウィン祭”が起源ともいわれている。今では日本でも親しまれるようになったハロウィンだが、過去には奇妙な儀式が執り行われていたことも…。今回は過去に行われたハロウィンを祝うための不気味な儀式5選を紹介しよう。


■死者を弔うハロウィン

1710_haloweenrituals_1.jpg
画像は、「Wikipedia」より

 古代ケルト人の間ではサウィン祭の時期になると、死者の世界へ通じる扉が開かれると信じられていた。また死者たちは生前に過ごした場所へ帰るとも考えられており、住民たちの多くが死者を弔うために、家の外に食べ物を置いたり戸口を開けたりしていたとか。一方、そのケルト人が多く居住するアイルランドには、死者の世界から現れた“アイリーン”と呼ばれる魔物がサウィン祭の時期に出現したという伝承も。アイリーンはタラと呼ばれる町を焼き尽くしたといわれ、当時のケルト人の中には外に出ることを恐れる人もいたという。

1710_haloweenrituals_2.jpg
画像は、「Wikipedia」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。