>  >  > 漁村の妻たちの肉欲爆発「禁断の乳房セックス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】近畿地方

kishu1025_03.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 世の中には、その土地にまったく縁のない部外者から見ると、その存在すら気づかないような、そんな極めて秘匿性の高いローカルルールというものが少なからず存在しているが、そんな“秘密のローカルルール”とも言うべきものの1つが、かつて近畿地方のとある地域に存在していたという。


「そうだね、よその人は誰もこのことを知らないと思うよ。なにせ隣近所の集落に住んでいる人間だって、あの村のことはよくわかってないんだから」


 自身が生まれ育った海沿いの小さな漁村にかつて存在していたという“秘密のローカルルール”についてそう証言するのは、80年代初頭まで同地方で漁業を営んでいたという石毛義三さん(仮名・87)。石毛さんの話によると、当地においては、決して他所者に明かされることのない、“禁断の秘密”が存在していたのだという。


「あそこらのね、女たちというのはね、男たちそっちのけで、女同士で交わる習慣があったのよ」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。