>  >  > 火星に「巨大心臓型UFO」が胴体着陸していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 火星の砂漠に超巨大UFOが胴体着陸していた!? 火星の地表をとらえたアーカイブ画像から、謎の物体が見つかった――。


■幅180メートルもの巨大三角UFO!

 1997年9月に火星の衛星軌道に投入され、2006年11月に通信が途絶するまでの間、火星地表を撮影し続けて大量の画像を遺してくれたのがNASAの火星探査衛星「マーズ・グローバル・サーベイヤー」だ。

 YouTubeチャンネル「UFOvni2012」の動画では、このマーズ・グローバル・サーベイヤーが2000年10月16日に撮影した画像を解説している。なんとそこに、制御不能になった巨大UFOが地表をスライディングしながら“胴体着陸”した姿が収められていたのだ。

「MOC Image m1101534」の番号が割り振られたこの画像には、火星の砂漠状の地表に残された黒い物体が写り込んでいる。物体の後方には、まるで浅い角度でスライディングしたかのような軌跡まで形成されている。

600feetwideufo1.JPG
画像は「USGS」より

 黒い物体の大きさは直径約180メートル(600フィート)にも及ぶ巨大なもので、よく見ると円形ではなく緩い三角形型をしているようだ。着陸の際にまき上げた砂が機体の左側に積もっているようにも見える。

 解説によれば、この画像が撮影された場所は、火星の赤道近くにある「メデューサ・フォッサ(Medusae Fossae)」という細長い2本の亀裂が数百キロにわたって並んで伸びている一帯である。ESA(欧州宇宙機関)によれば、このメデューサ・フォッサ付近には「タルシス (Tharsis)」 と「エリシウム(Elysium Mons)」と呼ばれる火山帯もあるという。とすれば、火山の噴火活動のダメージを受けたUFOが飛行不能となってここへ“胴体着陸”したのだろうか。

600feetwideufo2.JPG
画像は「UFOvni2012」より

 そして動画では、画像のコントラストや輝度を変化させることで三角形型UFOのシルエットを浮かび上がらせている。米軍の極秘偵察機であるといわれている三角形型航空機「TR-3B」、もしくは巨大な心臓(ハート)のようにも思えてくるが、はたしてこのUFOの正体は――?

UFO Crash Site on Mars, 190 Meters Wide Alien Spacecraft (MSSS) 動画は「UFOvni2012」より

コメント

3:匿名2017年11月 7日 02:09 | 返信

去年の覚えてるとかすげえな君ら。
しんじも編集部もダメじゃん、舐めすぎ。
1と2にトカナ運営してもらえよ。
やる気ないなら辞めろ。

2:匿名2017年11月 6日 12:39 | 返信

昨年の11月23日にTOCANA編集部がこれの記事を載せてる。
しかも、同じ画像なのにしんじの記事とはUFOのサイズも違う。
しんじ、しっかりしろ!

1:匿名2017年11月 6日 10:33 | 返信

これかなり古い画像じゃない?
前も見たよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。