>  >  > 心筋梗塞になった心臓がこれだ!
シリーズ「これが病気の正体!」第9回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

30~40代にも少なくない「心筋梗塞」を引き起こし心臓がこれだ!~喫煙者に多い突然死の恐怖~の画像1
心筋梗塞を起こすと心臓はどうなるのか?(http://jp.depositphotos.com)

 これから朝夕の気温はぐっと下がり、冬に向かう。<血管のトラブル>が増加してくるシーズンだ。その代表的な病気のひとつは心筋梗塞。「虚血性心疾患」の一つである。喫煙者に多い!

 原因には生活習慣による動脈硬化があげられ、50代以上の患者が多い。最近は、若い人でも心筋梗塞を起こし、死に至るケースがみられる。

 著名人では、2013年に女優の天海祐希さん(当時45歳)が軽度の心筋梗塞で入院。2015年にはフジテレビ系のリアリティバラエティ番組『テラスハウス』(TERRACE HOUSE BOYS×GIRLS NEXT DOOR)に出演した今井洋介さん(享年31)が急逝している。

 今年(2017年)に入ってからも、女性落語家の露の雅(つゆのみやび)さんが1月に虚血性心疾患のため死去(享年35歳)。6月に元広島カープの河野昌人氏が虚血性心疾患で死去(享年39歳)。 9月には男子バレーボール元日本代表の谷村孝さんが心筋梗塞で死去した(享年35歳)。

 心臓を栄養する「冠状動脈」が詰まり、心臓を動かす心筋細胞に酸素供給ができなくなる結果、心筋細胞が壊死(えし)してしまう病気だ。

 症状は狭心症よりも強く、強い胸痛とともに、冷や汗・嘔吐・呼吸困難を伴う。狭心症は、虚血性心疾患のうち、可逆的な病態をさすが、心筋梗塞の危険度の高い病態といえる。

 虚血性心疾患を理解するためには、心臓に酸素豊富な血液を供給する「冠状動脈(英:coronary artery)」の構造を知っておくことが重要だ。左冠状動脈の「左前下行枝」は心臓の「前壁」を、左回旋枝は「側壁」を、右冠状動脈は「後壁」をそれぞれ栄養する。

 冠状動脈は冠動脈とも記載されるが、肝動脈と区別するために、「かんむり動脈」と発音される。

 ちょっとだけ専門的に述べてみたい。心臓の右心房付近で「ペースメーカー」の役目をする(規則正しく心臓が拍動するように命令する)「洞房結節」と、心房からの命令を心臓の拍動の主役である心室へと引き継ぐ「房室結節」(心臓の刺激伝導系の一部)はいずれも、右冠状動脈の枝から血液が供給される。

 というわけで、右冠状動脈が詰まって生じる後壁梗塞では、不整脈がよりおこりやすい。おわかりかな?

※記事後半で心筋梗塞を起こした心臓の解剖写真を紹介しています。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。