>  >  > 乃木坂、欅坂は本当にAKBより人気があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

乃木坂46

,

吉沢ひかる

,

欅坂46

1101nogisaka_01.jpg
※イメージ画像:『N46MODE vol.0 乃木坂46 東京ドーム公演記念 公式SPECIAL 』

 AKB48の公式ライバルとして、乃木坂46やその姉妹グループである欅坂46が存在する。2005年に活動を開始したAKB48に比べ、乃木坂46は2011年、欅坂46は2015年と、近年に誕生しているため、活動実績年数はまだ短い。しかし、今や人気面においてはこの「坂道シリーズ」は「AKB48グループ」を凌ぐとさえいわれている。

 AKB48グループはCD売上枚数がファンの数と一致しないといわれて久しく、乃木坂や欅坂の人気に関しても同様の否定的な声がある。果たして、彼女らの人気は事実なのか。業界関係者に話を聞いた。

「いずれのグループもCD売上や写真集の売上など、数字の面で人気の高さがクローズアップされています。たしかに先日の大量のAKBのCDを山に破棄したファンが逮捕された一件が示すように、CDの売上はあるものの、ファンの実数は少ないといわれています。同じAKB商法ですから、乃木坂や欅坂にも同様の声がありますが、実感ということでいえば、AKBよりも人気があると思いますよ」(テレビ局関係者)

 否定的な意見が出てくると思われたが、以外にも真逆なようだ。

「業界内で働いていて実際に彼女たちの人気を実感することはさまざまな場面であります。そのひとつがタレントさんたちの意見ですね」(同)

 タレントの意見とはどういうことなのか。

「乃木坂や欅坂に関してはファンを公言するタレントが多いんです。芸能人は各レコード会社からCDのサンプルが送られることも多いのですが、芸能人のファンの中には自らCDを買って聴いたり、ライブに行ったりする人もいます。シンプルに曲の世界観や詞が好きなのだとか。そのため、AKBとは違い、乃木坂や欅坂の人気はある程度、本物だと思っていますよ」(同)

 たしかに筆者の身の回りにも、これらを評価する声は多い。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。