>  >  > 都市伝説ではなかった、TV局内での「隠蔽される悪質事件」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

テレビ局

,

吉沢ひかる

,

盗撮

,

窃盗

1102tousatuhan_01.jpg

 テレビ局といえどもひとつの会社組織であるため、基本的には一般企業と同様、さまざまな仕事があり、それぞれに小さなトラブルもついて回る。しかし、スタジオや制作現場では、通常ではにわかに信じられないようなことも起こっているという。

 関係者にテレビ局内部で起こり、表沙汰になっていない事件について聞いてみた。

「テレビ局で長く働いていて、一番多いと感じるのは盗撮ですね」(テレビ局関係者)

 まさか盗撮とは……。驚くしかないが、それにはあらゆるタイプがあるという。

「関係するスタッフが加害者になっていることもありますが、無関係の人間がスタジオに入り込んで撮影していることもあります。収録風景やオフショットを盗撮するケースが多いです。ただ、それよりも悪質なのが更衣室やトイレなどの盗撮です」(同)

 たしかに報道される盗撮事件は更衣室やトイレでのものが多いが、同じことがテレビ局でも起こっているという。しかし、なぜテレビ局内でこうした行為が横行するのか。

「ターゲットが女子アナや女性タレントだからです。売買目的で撮影する人やファンとしての強すぎる想いが爆発しているケースもあります。アルバイトで局内の仕事に就き、この目的を達成している輩までいますから困ったものです」(同)

 なんとも恐ろしい話だが、このような事態が起こった際には、どう対処しているのか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。