>  >  > 宮根誠司が「週刊文春」と結託!? ライバル誌「週刊新潮」が“謎のフォロー記事”を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

宮根誠司

,

週刊文春

,

週刊新潮

51I7eXj7WSL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg
画像は、「週刊新潮 2017年11/2号」「週刊文春11月9日号

「週刊文春」(文藝春秋)が放った“誤報”とされている、宮根誠司のフジテレビ移籍説が、謎の展開を迎えている。同誌のライバルである「週刊新潮」(新潮社)が運営するウェブサイト「デイリー新潮」が、「文春は被害者」などと、フォローするかのような記事を配信したのだ。テレビ局関係者に取材を行い、「文春」がいかにして誤報を出すに至ったかを分析しているものの、その中身も「まるで見当違い」と失笑を買っている。

「文春」はフジテレビ関係者の弁として、宮根は近年低調となっている「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ系)を来年3月で降板し、裏のフジへと“電撃移籍”すると報道。しかし「文春」発売当日、宮根は「ミヤネ屋」生放送で完全否定し、「4月以降もやらせていただきます」とコメントした。

「こちらに反論しないところを見ても、『文春』がガセネタを報じてしまったことは明らか。『文春』内部には、『記事が出たせいで移籍話も消えた』と強気の者もいますが、多くの記者は『初めから誤報だと思っていた』と呆れ気味のようです。実際のところはというと、フジ側が宮根にはたらきかけたことはあったものの、即座に断られていたために、『ミヤネ屋』終了は“完全にガセ”と言われています」(スポーツ紙記者)

 これで話は決着したはずだった。が、「デイリー新潮」は「文春のネタ元は宮根本人の可能性がある」という、独自の理論を展開した。

「自ら『ミヤネ屋打ち切り』と敢えて報じさせることによって、読売の人事にプレッシャーを掛け、打ち切りを回避したという理屈です。確かにこういった話は、業界内でたまに耳にはするものの、まず宮根と『文春』の関係値からして、リークは絶対にあり得ない。担当記者は芸能に関して、ズブの素人なのでしょう」(芸能プロ幹部)

 宮根が所属するテイクオフは、“芸能界のドン”周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションの直系。そして周防社長と「文春」は、長らく絶縁状態が続いているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。