• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 殺した子供の生首を並べ、胴体を切り開いて血まみれの内臓を見ることに喜びを感じた――これは現代のシリアルキラーの言葉ではない。15世紀フランスで子供ばかり何百人も拷問、殺害したジル・ド・レの証言である。当時のヨーロッパでも指折りの大富豪かつ大貴族であり、フランス救国の英雄とも呼ばれた高名な軍人でもあった。その被害者のほとんどは子供で、その数はなんと140~800人にも及ぶとされている。その邪悪な所業は民間でも広く語り継がれ、童話「青髭」のモデルにもなったといわれている。

1106GR-1.jpg
ジル・ド・レの肖像画。画像は「Wikipedia」より引用


■大貴族であり救国の英雄

 ジル・ド・レは1404年、フランス・ブルターニュ地方の大貴族の息子として生まれた。本名をジル・ド・モンモランシ=ラヴァル(Gilles de Montmorency-Laval)といい、父方・母方両方の家系からロワール川流域の広い領土を受け継ぐこととなった。

GillesDeRais_1.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 成人したジルは宮廷に出入りするようになり、やがて運命の出会いを果たす。イングランドとの百年戦争でフランスを勝利に導くことになるオルレアンの乙女ことジャンヌ・ダルクとの出会いである。王宮から目付役として送り込まれたともいわれるが、ジルはジャンヌに心酔するようになり、戦場では肩を並べて共に大きな戦果を挙げた。しかし、ジャンヌは敵国イングランドの手に落ち、祖国フランスにも見捨てられて火刑台の露と消えた。

 その一方でジルは元帥に列せられ、救国の英雄と称えられた。その財産は王室以上とされ、ヨーロッパでも屈指の大富豪となっていた。ジルはその財産を大盤振る舞いして放蕩にふけった。きらびやかな家臣団や司教たちを引き連れて歩き、礼拝堂の建設や歌劇の上演を行った。財産は瞬く間に目減りし、領地を売り払い、借金を重ねるようになった。

コメント

1:匿名2018年4月 9日 03:54 | 返信

シリアルキラーって表現は止めようよ。

昔の貴族にその手の異常者が多いのは
明らかに血族婚による脳の異常、性格異常が原因だからさ。
ちゃんと「血族婚タブーの理由」として扱った方が良い。

現代の日本でも認められている従妹結婚だって
異常性は100%認められるからね。
物事の理解や解釈がおかしい確率が格段に上がるんだよ。
従姉妹婚で生まれた子供たちは。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?