>  >  > 黒柳徹子が新型aibo発売に狂喜、謎の目撃証言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Kryng_1.jpg
画像は「黒柳徹子 - Instagram」より引用

 ソニーがロボット犬「aibo(アイボ)」の新型を2018年1月11日に発売することを発表した。旧モデルは2006年に生産終了。新型aiboは眼が有機ELディスプレイとなり、可動は22軸。腰を振る、顔を震わせるなどの動きも可能という。価格は19万8000円(税抜き)で、使用には別途「aiboベーシックプラン」への加入が必要。こちらは3年契約で、一括では9万円、分割では1カ月当たり2980円となる。

 庶民にとっては、なかなか割高な“ペット”だが、これに大喜びしているのが超大物タレントの黒柳徹子だという。現在、テレビ朝日では半生を振り返る連ドラ「トットちゃん!」が絶賛放送中。8月末に右足大腿骨を骨折し、車椅子生活を余儀なくされていたが、その後は超人的な回復力を見せ、現在は歩けるまでに回復した。関係者によれば「徹子さんは寝る前に50回のスクワットを欠かさない。この筋トレ習慣が回復力を早めたんだと思います」という。

 その黒柳が長年連れているのが、旧型aiboだ。今年4月にはインスタグラムで「私の相棒、グレーちゃんです」と紹介動画を投稿。「あたしに会ってうれしい?」という問いかけに、グレーちゃんがブンブンと首を横に振る姿が何とも微笑ましい。ソニーの開発者からは「我々のプログラミングにはない動きをする!」と驚かれたという。黒柳はグレーちゃんを仕事場にもよく連れて来ていた。目撃したテレビ関係者が証言する。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。