>  >  > 「顕微鏡歯科治療」とは何か?
連載「歯科医療の革命~顕微鏡歯科治療」第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

「顕微鏡歯科治療」とは何か?見過ごされていた奥歯の虫歯を顕微鏡で発見の画像1
顕微鏡歯科治療とは?(http://jp.depositphotos.com)

 そもそも「顕微鏡歯科医って聞いたことがないが、何のこと? 」と思われた方も多いと思います。顕微鏡歯科医は、「顕微鏡歯科治療を専門として日常臨床を行なう歯科医」のことです。「えっ? だから、その顕微鏡歯科治療ってのが何か分からないんだよ!」 という声が聞こえてきそうですね。顕微鏡歯科治療とは、顕微鏡を駆使して患部を拡大し、よく見ながら行う歯科治療です。

拡大率20~30倍で治療に大きな違い

 顕微鏡にはいくつもの種類がありますが、ここでいう顕微鏡は「臨床用実体顕微鏡」です。テレビ番組で、脳外科や眼科で手術する場面には必ず出てくるので、見覚えのある方も多いことでしょう。最近放送された人気ドラマ『コード・ブルー』でも山下智久さん演じる藍沢先生が顕微鏡を使って脳外科の手術していました。

 中学や高校のとき、理科の授業で顕微鏡を使って細胞などを見たことがあると思います。これは一般に「生物顕微鏡」と呼ばれ、最高倍率は1000倍に達するものもあります。観察物を薄くスライスして、プレパラートに乗せ、レンズをギリギリまで近づけて観察します。

 これに対して「臨床用実体顕微鏡」は、観察物をスライスせず、観察物から30センチほど離れたところから、20~30倍に拡大して観察するのが特徴です。

 この倍率を「わずか20~30倍か、大したことないな」と思われる方もいるでしょう。しかし、口の中での20~30倍は十分な倍率なのです。しかも、生物顕微鏡は「観察するだけ」。臨床用実体顕微鏡は、観察物から30センチも離れた状態で「観察するだけでなく治療することもできる」のです。この「見ながら治療できる」ことが顕微鏡歯科治療の最大のメリットです。

 歯科治療のほとんどは、目で直接見て行う外科処置です。「顕微鏡を歯科治療に用いること」が、診断、技術、さらには患者さんとの関係に至るまで、歯科治療に革命を起こしたのです。

見過ごされていた奥歯の大きな虫歯

 実際の患者さんの例をご覧いただき、顕微鏡歯科治療の有効性を感じていただきたいと思います。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。