>  >  > 村の女全員の経血を集めて…! 東北地方“伝説の秘薬”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

kishu11212_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 洋の東西を問わず、また、時代の今昔にかかわらず、“秘薬”と呼ばれる代物は数多く存在しているが、無論、そうしたものの大半は、“薬”とされてはいるものの、実際には何ら科学的な根拠のない、いわば“まじない道具”の延長線上にある代物である。そうした意味で言えば、東北地方の山深い場所に位置するとある寒村に、かつて存在していたという“伝説の万能薬”は、まさにその典型とも言うべき代物だ。


「とにかく何にでも利くっていうのが専らの話でね。けれども、あまりに貴重なもんだから、よほどのことでもない限り、使うことは許されない。大抵は、死の床に臥せっている病人に使われたものだよ」


 自身が生まれ育ったその寒村に、古くから存在していたという“伝説の秘薬”についてそう証言するのは、現在も東北の小都市で暮らす加藤清三さん(仮名・86)。しかし加藤さんの話によると、その秘薬の製法と材料は、にわかに信じがたいものであったという。


「まあ、早い話がね、女の“月のモノ”があるでしょう? あれをね、甕のようなものに集めて寝かしたものなんだよ。うん、そうだよ、村の女全員のモノを材料にしてね」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。