>  >  > 奇習! 村の女全員が見守る中で「初夜のセックス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

kishu1114_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 婚礼に関する奇妙な儀式は、これまでもいくつかご紹介しているが、そうした奇習の中でも、とりわけ奇妙な部類に入るであろう儀式が、かつて、近畿地方のとある地域に存在していたという。

「そもそも、人前でそういう姿を見せるということだけでも、どうかと思うからね。ましてやそれが新婚だろ? たまったもんじゃないわな(苦笑)」

 自身が生まれ育った寒村で、長きに渡って続けられてきたという、“奇妙な婚礼の儀式”についてそう語りはじめたのは、今なお、当地で余生を過ごしている今枝新七さん(仮名・80)。今枝さんの話によると、この村において結婚が決まった若い男女は、必ずその奇妙な儀式を行うことが定められていたという。

「まぁ、簡単に言えばね、結婚が決まると、花嫁と花婿はね、村の女衆が集まっている場所に連れてかれてね、そこでまず真っ裸にされるわけ。それでじっくりと体の隅々まで身体検査をされる」

 村の女性たち全員が集まる中で、なぜか全裸になることを強いられるという新郎新婦。挙げ句、その「すべて」を曝け出し、入念なチェックをされることになるというから、その羞恥は想像に難くない。しかし、そんな若い二人への羞恥まみれの試練はこれだけでは終わらないのだという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。