>  >  >  戸籍も住民票もない時代、無法者たちに怯え続けた村の悲劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
奇習! 突然やって来た“流れ者”に若い女が次々輪姦され…! 戸籍も住民票もない時代、無法者たちに怯え続けた村の悲劇=甲信越地方

【日本奇習紀行シリーズ】 甲信越地方  現代のように、原則としてすべての人々が戸籍や住民票などで管理・把握されていた時代とは異なり、かつては素性の知れぬ流れ者たちが、この日本列島を渡り歩き、不法行為を働いていた時期がある。当世の我々からすれば、物騒な状態でしかないそうした時代には、当然、その時代に則した“暗黙のルール”が存在していた。 「そりゃあ、みんなね、震え上がってましたよ。なにせ...