>  >  > 新SMAP大成功の代償は“TVレギュラー消滅”か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

SMAP

,

ジャニーズ

,

ホンネテレビ

smapsannin.jpg
画像は、新しい地図公式サイトより

元SMAPの香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎がジャニーズ事務所退社後に3人揃って初共演ということで注目されていた「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)は11月3日~5日にかけて放送され、累計視聴者7,400万人超と大成功を収めた。サプライズで元SMAPのメンバーで、オートレーサーの森且行が出演するなど、多くのゲストが登場したが、その一方でジャニーズ事務所に“忖度”して拒否反応を示す大手芸能プロダクションが続出。いまだ水面下ではジャニーズと香取ら「新しい地図」の綱引きが行われており、芸能界を二分する戦いに発展しそうだ。

 72時間と長時間なことやインターネット放送ということで心配されていたホンネテレビだが、蓋を開けてみれば、3連休の話題をさらい、大きな爪あとを残した。

「AbemaTVはサイバーエージェントとテレビ朝日が出資しているが、ホンネテレビは最初からずっとサイバー主導で進んだ。テレ朝は極一部の幹部以外は、発表までホンネテレビのことを知らされず、激怒していた。そのためテレ朝はほとんど協力しなかったが、森くんの登場などもあり、大成功に終わった」とテレビ局関係者。

 現在、香取ら3人のマネジメントをしているのは、元SMAPのチーフマネージャーの飯島三智氏だ。飯島氏の手腕を熟知しているジャニーズ事務所は、当初から新しい地図、ホンネテレビを異常 なまでに警戒していた。

「芸能界の住人で、ジャニーズが新しい地図に持っている感情を知らない人間はいない。そのため早々に大手事務所がホンネテレビに所属タレントを派遣しないことに決めた。吉本興業やアミューズなどがそうです。他の大手もほんの形だけ協力とか、新しい地図と距離を置く姿勢を鮮明にした」(芸能プロマネージャー)

 そのため、スターダストプロモーションなど一部を除いて、芸能界のしがらみとはあまり関係がないプロダクションのタレントが目立つ形となったのだがその中で一際、異彩を放ったのが堺正章だ。堺は田辺エージェンシー、ケイダッシュ傘下の個人事務所所属で、芸能界の中心にいる超大物だ。昨年末には、木村拓哉を除く元SMAPのメンバー4人と森の5人は、堺がプロデュースする焼肉屋で“最後の晩餐”を行った。

関連キーワード

SMAP

コメント

2:匿名2017年11月11日 23:03 | 返信

累計視聴者7,400万人超じゃなくて累計視聴回数が7,400万回超。つまり何回もチャンネル変えれば増えるってこと。

1:匿名2017年11月10日 11:41 | 返信

この三人を成功させることは他の芸能事務所にとっても都合が悪い事なんじゃないだろうか
無名な時から育成し、やっと名声を得て事務所に還元できるとなった時に独立され、暗に古巣のイメージを悪くする
これが自分の事務所に起こったらと思ったら「忖度」などではなくて「死活問題」なんじゃないだろうか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。