>  > 2017年のアンビリーバボーな科学的発見13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 年末にはまだ少し早いが、2017年に発見された目を疑うような生物の映像や画像、あるいは驚異的な研究成果をいくつかご紹介しよう。


■1. 海岸に打ち上げられた顔のない怪生物

 今年8月、アメリカを襲った巨大ハリケーン・ハービー。その嵐が去った後、テキサス州南西部の浜辺に奇妙な生物が打ち上げられた。その生物に手足はなく、目や鼻もない頭部には巨大な口だけがあり、鋭い歯がむき出しになっていた。生物の画像はSNSにアップされると瞬く間に拡散し、世界中で大きな話題となった。

1110-2017news-1.jpg
画像は「Science Alert」より引用

 スミソニアン博物館の生物学者ケネス・タイ氏によると、この謎の生物の正体は「キバウミヘビ(Aplatophis chauliodus)」だという。ウミヘビ科の一種で、主にメキシコからフランス領ギアナにかけての沿岸、海底30~90mに巣穴を掘って暮らしている生物である。


■2. オニイソメの恐るべき捕食シーン

 世界中の温暖な海底に生息するオニイソメの捕食映像が公開された。オニイソメはミミズのような細長い体を巣穴に隠し、5本の触手のついた頭部だけを外に出し、獲物が近寄るのを待つのである。海底から突き出た頭部はまるでホラーゲームやパニック映画に出てくるクリーチャーのようだが、その捕食シーンは見るものを恐怖に陥れるモンスターそのものだ。小魚からタコまで、捕まえた獲物をあっという間に海底に引き込む様子はまさに怪物だ。

動画は「YouTube」より引用

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。