>  >  > 山尾議員が不倫疑惑弁護士起用! ドロドロ離婚劇の内幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Shiori_1.jpg
画像は、「山尾志桜里」公式サイトより引用

 先の衆院選で辛くも当選した山尾志桜里衆院議員が頭を抱えている。同氏は今年9月に「週刊文春」(文藝春秋)で既婚の倉持麟太郎弁護士との“ダブル不倫疑惑”が報じられ、民進党を離党。先の衆院選では愛知7区から無所属で出馬し、薄氷の勝利を飾った。一連の疑惑については選挙期間中から「やましいことはしていない」の一点張りで、明確な証拠は提示しないまま。ところが今、ついに倉持氏を山尾事務所の政策顧問に起用する意向を固めたというから驚きだ。

 この決断に各所から批判の声が上がっているが、当の山尾氏は7日付の神奈川新聞のインタビューで「『男女の関係はない』と否定したことすら、本来答える必要はなかった」「むき出しの好奇心には屈しない」などと対決姿勢を鮮明にしている。衆院選で山尾氏に密着した政治部記者は次のように回想する。

「選挙期間中はまだ殊勝な態度でしたが、当選した瞬間から“山尾節”が復活しましたね。某局のインタビューで、しきりに不倫疑惑を聞かれた際には、中継終了後『説明責任、説明責任言い過ぎ!』と口を尖らせていました」

 ただし、こうした強気な言動のツケは私生活にも及んでいる。山尾氏は昨秋ごろから結婚指輪を外しているが、これは夫婦関係がうまくいっていないから。夫の方は、とある経済事件で名前が取り沙汰されており、山尾氏は自らに火の粉が飛んで来るのを避けるため離婚を切り出したといわれる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。