>  >  > 【レコ大】乃木坂46と星野源が大本命だが、エイベックスは林部智史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

レコード大賞

,

レコ大

,

乃木坂46

,

星野源

41k1xMJZ-JL.jpg
画像は、恋 (通常盤) Single, Maxi/ビクターエンタテインメント

 かつては紅白歌合戦とともに年末の恒例番組だった「輝く! 日本レコード大賞」。歌が芸能界の中心だった時代には栄誉ある賞だったが、現在では結果を楽しみにするファンも激減。不正疑惑もささやかれるなど、常に存続が危ぶまれている番組だ。

 国内主要新聞(通信社)記者14名、TBS系列のテレビ局(TBSは含まない)記者4名、音楽評論家など業界関係者5名の合計23名の合議

「審査方法は、国内主要新聞(通信社)記者14名、TBS系列のテレビ局記者4名、音楽評論家など業界関係者5名の合計23名の合議なのだが、密室で挙手制というアナログな方法で審査をしている。つまりは、どの社がどのアーティストに票を入れたかが丸わかりとなるため、忖度(そんたく)で大賞が決まることがほとんどです。しかも、なぜかTBSで行われるはずの審査が、赤坂の料亭などで行われることもあり、その場は大手芸能プロの関係者も監視しているとか」(スポーツ新聞記者談)

 そんな一般ユーザーを無視した賞ながら、毎年なぜか各アーティストはこの大賞にこだわることが多い。

「LDH騒動でもわかったように、腐ってもレコード大賞を取れば翌年の興行やシングル、アルバムの出荷枚数に影響はある。また、各スポーツ新聞がしっかりと報じることが約束されているので、大きな宣伝効果が見込めますから、大賞はとっておきたいのが本音なんでしょう」(スポーツ新聞記者談)

 昨年度は西野カナがおおかたの予想を裏切って大賞に。この賞が影響しているかどうかは不明だが、2017年も西野カナは大活躍をしている。それだけに、今年の大賞も気になるところではあるのだが、週刊文春は乃木坂46で決まっている「デキレース」だと報じているが…。

「レコ大にはジャニーズが辞退で出場しないため、LDH系か48、46系のアイドルで偏ってしまうことに運営側は危機感を抱いている。とはいっても、演歌や歌謡曲の歌手が目立った活動をしていないのも事実で、そうなると乃木坂46の名前が挙がってしまう。ちなみに新人賞はシンガー・ソングライターのNOBUが受賞しそうだといわれていますね」(民放関係者談)

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年11月14日 13:56 | 返信

せやで、夏くらいにはどこの事務所が受賞するかもう決まってるからな。

1:匿名2017年11月14日 10:52 | 返信

その昔、小さなプロダクションで、別テレビ局の子会社のレコード会社に所属していた菊池桃子が、新人賞を辞退させられたのは有名な話。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。