>  >  > 中国でブッダの歯や骨200パーツが出土!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

仏教

,

仏舎利

,

仏陀

,

,

,

遺骨

 ブッダの入滅後、遺体は火葬され、遺骨は釈迦族やマガダ国王など8つの部族に分配されたと伝えられている。我が国にも、分骨されたブッダの遺骨が渡っており、名古屋の覚王山日泰寺に安置されているが、この度、中国で新たなブッダの遺骨が発見されたというのだ。


■2000以上の仏舎利を1000年前の僧侶が収集

 英紙「Daily Mail」(15日付)によると、中国・甘粛省の文殊師利寺で陶器に入ったブッダの遺骨らしき骨や歯が2000個以上も見つかったという。同寺の碑文には、法華宗の2人の僧侶Yunjiang とZhimingが、20年以上かけ周辺国からブッダの遺骨をかき集め、西暦1013年6月22日に、同寺の文殊師利寺堂の地下に埋めたことが記されていたという。また、その周囲からは2mほどの仏像も発見されており、北魏(386年~534年)から宋(960年~1279年)にかけて製造されたものと見られている。

【ガチ】中国でブッダの歯や骨など遺骸200パーツが出土、本物か! 仏教的には価値がないのに1000年前の僧侶が20年かけ収集の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

「仏教を布教するために、Yunjiang とZhimingは、仏舎利(ブッダの遺骨)を集めた。この目標を達成するため、両氏は20年以上毎日欠かさず修行した」(碑文より)
「仏舎利は寄進されることもあれば、自分たちで偶然見つけることもあった。買い取ることもあれば、与えられることもあった」(同)

 ちなみに、中国ではたびたびブッダの遺骨(と思しき骨)が発見されており、2010年には南京の寺院で、黄金の箱におさめられた頭蓋骨が見つかっている。

【ガチ】中国でブッダの歯や骨など遺骸200パーツが出土、本物か! 仏教的には価値がないのに1000年前の僧侶が20年かけ収集の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

コメント

1:情報提供2017年11月18日 04:55 | 返信

昨日、Amazonキンドルで過激な仏教の本を読んだので、トカナさんに情報提供するわ。
ウィリアム・ブレイクっていう外人が書いた仏教の本で、最古の経典スッタニパータの訳本。
かなり過激な内容。たとえば、
「…(前半省略)…。長年のあいだ大便で満たされていた穴が清め難いのと同じように、この汚れた修行者も清め難い。皆で一致団結して彼を嫌い、避けよ。もみ殻を吹き払え。くずを取り除け。」(276番)
「口汚く、悪事を行う、下劣な罪人よ。この世であまり話をするな。お前は地獄行きだぞ。」(664番)
「…(前半省略)…。相手が気に入るような言葉のみを語れ。」(452番)
著者のウィリアムは「ブッダは悟りを開いたあと集団生活のストレスに悩んでいた」的なトンデモ仮説を立てて色々言ってた。
あとは、トカナの記事と同じように、「何も信仰するな」的なのもあった。
「善行を積むのは悟りを開いたあとで」ってのもあった。
少し引いたけど面白かった。トカナ向けだと思う。
本の名前:ブッダの教え
著者:ウィリアム・ブレイク

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。