>  > 取材拒否の神サイトがジャパンカップの儲け方を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ジャパンカップ

,

万馬券

,

勝ち組

,

競馬

KEIBA1116-1.jpg
今週はダービー馬レイデオロが出走するジャパンカップ

■常識外の万馬券年間300本的中

 こんな不公平な話があっていいのだろうか。

 人生において勝ち組と負け組が存在するのは競争社会である以上当然だ。しかしそれは努力に基づく結果であって、楽して勝ち組になってはならない。そうでなければ誰もが努力を放棄してしまうからだ。

 しかし驚くべきことに「競馬」に限って言えば「楽して儲ける勝ち組」は現実として成り立っている。というのも自分では一切予想せず年間300本もの万馬券を的中させているという、驚くべき馬券師と出会ったのである。

 はっきり言って夢のような話だが、もしそれが現実だとすれば競馬予想において革命的な話だ。競馬における予想はもっとも楽しい時間でもあり、もっとも苦しい時間でもある。人によっては一つのレースに数時間もかける場合があり、それが数レースともなればあっという間に一日が過ぎ、結果不的中だったときのダメージは計り知れない。そんな労力をかけず勝ち組になれるなら、だれもがそれを望むだろう。

 競馬における万馬券とは100倍以上の配当のことを指し、100円を購入すれば1万円に、500倍の配当であれば100円が5万円とまさに一獲千金の代名詞みたいなもの。多くの競馬ファンは万馬券の的中を目指して日々予想を研究している訳だが、なかなか一筋縄ではいかないのが本当のところだ。

 というのも万馬券はマスコミが作り上げた人気馬が負けて発生するもの。マスコミやスポーツ紙の予想を参考にして馬券を購入しているような人ではなかなか的中できない。そんな難解な万馬券を年間300本以上的中させているというのは、はっきり言って信じられない。毎週6~7本の万馬券を的中させている計算になり、その的中数は尋常ではない。

 そして300本ともなればその払戻額も高額になるはず。最低オッズの100倍であっても300万円、これが平均400倍のオッズだとすれば1200万円もの払い戻しを獲得したことになる。もちろん馬券の買い方次第ではこの1000万が2000万にも3000万には増えることが考えられ、どれほどの利益を得ているのか想像もできない。

 そんな勝ち組の馬券師がどのように万馬券を的中させているのか、そしてそれは誰にでも利用できるものなのか。本人にインタビューを試みたが最初はあっさり門前払い。冷静に考えれば当然だ。万馬券に繋がる情報を公に公開すると、結果として本人が手にする配当が下がってしまうからだ。

 しかし粘り強く交渉したところいくつかを条件に、万馬券300本的中の真実について話を聞くことができた。さらに今週末は1着賞金3億円という国内最高金額レースの第37回ジャパンカップが東京競馬場で行われる。武豊が騎乗するキタサンブラックや今年のダービー馬レイデオロといった国内トップホースが出場するこのレースの注目度が高いのは当然。そこで万馬券的中の真実とこのジャパンカップについても話を聞いた。


■これが勝ち組の真実

――今年だけで300本の万馬券を的中させているのは本当ですか?

馬券師 そうですね、実際は300本をちょっと超えています。ちなみに最も高い配当は6月の3237倍。200円分を購入していたので約64万円の払戻でした。


――衝撃的な話ですが、それを証明する方法はありますか?

馬券師 これはJRAのインターネット投票の的中データです。ここに万馬券の的中数という項目がありますが、ここだけで240本以上あるのがわかると思います。そして手元にある的中馬券のコピーを加えれば300本ちょっとになりますね。


――いかにしてこれだけの万馬券を的中させたのですか?

馬券師 自分では予想を一切しません。そもそも本気で馬券を的中させたいのなら予想は時間の無駄です。スポーツ紙などに載っている関係者のコメントは、はっきり言って役に立たないと言っていいでしょう。親戚が地方競馬の馬主をしているのですが、その人からも厩舎関係者がマスコミに話す情報のほとんどは参考にならないと聞いています。

 私が利用しているのは「万馬券的中を専門にしている競馬情報サイト」ですが、彼らは既存のマスコミとは異なり本物の情報だけを集めて提供してくれる内部関係者の集まり。その情報力は300本の的中が証明しています。普通のマスコミや個人でこれだけの万馬券を的中させるなんて不可能です。


――なるほどそれはすごい話ですね。ところでそのサイトはどうやって知ったのですか?

馬券師 先程の馬主さんからですよ。関係者も多く利用しているということで信頼できたし、おととしの夏ぐらいから使い始めたのですが、あっという間に100本ぐらいの万馬券を的中と驚くべき成績を残してくれました。そして今年は1月から毎週欠かさず利用していますが、その合計が300本の万馬券的中です。これだけあれば十分です。週末の予想に時間をかけるなんて無駄なだけ、万馬券を的中させたいならこのサイトを使うのが最短距離です。


――実際にどんなレースで万馬券を的中させているのですか?

馬券師 一言でいえばどんなレースでも、という感じですね。G1レースでも重賞でも未勝利戦でも。この秋もスプリンターズステークスの3万1850円を筆頭に、秋華賞、天皇賞、エリザベス女王杯といった注目レースでも万馬券を的中させています。1000倍以上の10万馬券は13本も的中、これはデカイですよ。

KEIBA1116-3.jpg
天皇賞も人気薄馬の激走情報で万馬券を的中

――そのサイトは今週行われるジャパンカップでも万馬券を的中できそうですか?

馬券師 詳しいことはわかりませんが、サイトによると「万馬券はほぼ確実で10万馬券の可能性もある」とのことで、かなり手応えを感じているようです。同じような感触から万馬券を連発した秋の実績から見ても期待できるのではないでしょうか。


――なるほどそれは非常に楽しみですね。ちなみにこのサイトは誰にでも利用できるのですか?

馬券師 それは問題ないですね。実際に私も紹介ではなくサイトにアクセスして無料登録して利用するようになったのですから。それに今週のジャパンカップは無料登録すれば勝負予想を無料で教えてくれるはずですよ。もちろん私も買いますが、気になるならまずはこの無料情報を利用するのがいいかと思います。


――有意義な情報をありがとうございました。週末のジャパンカップが今から楽しみです。


 取材後、このサイトの詳細や名前については明かさなかったが、そっとリンク先を教えてくれた。なお、そのサイトを調べたところ、彼が語るように今週のジャパンカップは新規登録特典として、ジャパンカップの勝負買い目を無料で提供してくれるという。さらにサイトで使える1万円分のポイントもプレゼントされるとのことで、ぜひこのチャンスに利用してみてはどうだろうか?

 競馬は今週のジャパンカップから年末の有馬記念までビックレースが続くが、このサイトを利用すれば一足早く年末のボーナスをゲットできるだろう。そうすれば競馬で勝ち組となるのは目前である。

無料公開CLICK → 「ジャパンカップの勝負買い目」


※本稿はPR記事です。

関連キーワード