>  > 【クリエイター必読】萩本欽一とは何者か? “奇跡を生むシステム”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 萩本欽一を題材にした映画『We Love Television?』が11月3日に公開され、ヒューマントラストシネマ渋谷など全国で上映中だ。これは『電波少年』シリーズで知られる土屋敏男が監督を務めるドキュメンタリー作品。70年代に視聴率30%を超える番組を多数抱えて、「視聴率100%男」と呼ばれていた萩本が、2011年に再び視聴率30%を目指す特番を制作することになった。この映画では、その番組制作の舞台裏が描かれている。

IMG_1178hagimoto.jpg
We Love Television?

 以前から萩本欽一を崇拝しているサイキック芸人のキックとお笑い評論家のラリー遠田はこの映画をどう見たのか? 鑑賞した直後に対談を行い、それぞれの抱いた印象をじっくり語り合うことにした。

※この対談には映画本編に関するネタバレが含まれています、未見の方はご注意ください。とはいえ、対談を読むと映画が見たくなります


■萩本欽一は、神の力を借りて運を呼び込んでいる

IMG_11781124.jpg
左・キック 右・ラリー遠田

ラリー:まず、率直な感想としてはどうでしたか?

キック:すごかったですね! お笑いやテレビにかかわらず、もの作りをする人なら絶対に見た方がいい作品だと思いました。欽ちゃん流の「奇跡を生むシステム」の作り方が明かされていましたよね。

 名前に「竹かんむり」や「草かんむり」が付く人は、神事にかかわる家系だと言われているんです。萩本の「萩」には草かんむりが付いていますよね。それに、そもそも「笑」にも竹かんむりが付いているから、笑いは神事なんです。萩本さんが神の力を借りてどうやって運をどう呼び込むか、というサイキックな映画だと思いました。

IMG_1166kick.jpg

ラリー:僕ら欽ちゃんファンにとっては、1分1秒も目が離せない作品でしたよね。まず、冒頭のシーンが良かった。夜中に萩本さんが帰宅するところを監督の土屋さんが待ち伏せしていて、いきなりカメラを回して「もう一回、30%バラエティをやりませんか」と話しかけたら、萩本さんはすかさず「うわー、こんな嬉しい話するの」と答えた。

キック:反応が速いんですよね。戸惑ったり聞き返したりしないで、すぐ答えている。自分だったら同じことができるかな?と思ってしまいました。

ラリー:もともと萩本さんの中にはずっと「もう一回、何かをやってやるぞ」っていう思いがあったんですよね。そこに土屋さんが現れて、その話を持ってきてくれたから本当に嬉しかった。心の準備ができているからこそ、すぐに反応できたんですよね。

キック:映画の中でも「粋」っていう言葉が何回も出てきたじゃないですか。萩本さんは「粋」にこだわっているんですよね。「粋」という漢字は、左側の「米」を分解すると「八十八」になり、右側は「九十」。つまり、厄(やく=89)がない、ということなんです。粋にこだわると厄を落とすことができる、というのを分かっているんでしょうね。

ラリー:今の時代に視聴率30%を超えるバラエティ番組を作るっていうのは、普通のやり方ではまず不可能じゃないですか。だから、萩本さんはそれを本気で実現させるために、独特のやり方をするんですよね。ノートを開いて、「かかとを使う」とか「かあちゃん」とか、思いついたデタラメな言葉を1ページごとにメモしていく。

キック:あれはサイキックの世界における「遠隔透視」のやり方と似ていると思いました。時間と空間を超えて透視をするときには、ランダムなワードを出していって、それをつなげていくと何となく全体像が見えてくる、っていうのをやるんです。古神道では「偶然は神の意志」と言われています。魂と魂が引き合うから「たまたま」。萩本さんは自ら偶然を呼び込んで、神様とつながろうとしているんですよね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。