>  > 臨死体験者3人が明かした“死の瞬間わかったこと”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
NDE_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 死の淵から生還を遂げた臨死体験について、公式の報告はあまり多くはないものの、世界中には決して少なくない体験者がいるようで、ネットのコミュニティでは数多くの臨死体験談が書き込まれている。はたして死の瀬戸際はどんな光景だったのか――。


■「死が訪れても人生が終わるわけではない」

 すべての者が等しく必ず直面することになるのが死だ。人間存在においてこれほど確実なイベントであるにもかかわらず、死に際して当人にどのような現象が起こっているか我々にはまだまだわからないことがたくさんある。

 そこで注目を集めるのが、ギリギリまで死に近づいた体験を持つ臨死体験者の証言だ。ユーザーの自主的な運営に任されているQ&Aコミュニティサイト「Quora」にこの臨死体験を話し合うスレッドが設けられ、臨死体験者たちによる興味深い話が語られている。

 イギリス・ブリストルのクリストファー・ムーニー氏はかつて20~30秒の間、死の淵をさまよった経験を持つ臨死体験者だ。そしてこの時の体験を今でも鮮明に覚えているという。わかりやすく伝えるために、この時に感じたことをムーニー氏は3つに分けて説明している。

1. 極度の静寂に包まれました。人々は死を恐れますが、一度この静寂を味わってもはや何もできないことを知れば死に際して平安を見いだすことができるでしょう。この時に私はこれまでの人生で最も心が安らぐ静寂を体験しました。

2. これまでの人生をとても反省しました。よく死の間際にこれまでの人生を一瞬で追体験する“走馬灯”がよぎるという話がありますが、それは本当です。私はこれまでの人生を振り返って考え、その都度迫られる選択や判断がもっと良いものにできたのではないかと反省しました。

3. 奇妙に思われるかもしれませんが、死へと向かう最中、これは“ラッキー”な体験であると感じました。ユーモアも感じられて逆説的に「私はなんて不幸なんだ!」って笑いがこみ上げてきました。

escapeddeath1.JPG
Quora」より

「この体験は私に多くの発見をもたらしました。私はこの時まで無神論者でしたが、このまま死が訪れても人生が終わるわけではないと感じました。たた別の場所へ行くだけです」(ムーニー氏)

 臨死体験中、恐怖はまったく感じなかったというムーニー氏だが、それは脳がすぐさま死を迎える準備を整えたからだという。

「私の脳の思考モードが変わり、私はすべてを理解し、すべてのことに備えました。人間の身体と脳は死に対して完全に準備されているようです」(ムーニー氏)

 臨死体験で死後の世界を実感したというムーニー氏の世界観、人生観はこの日を境に大きく変わったようだ。

コメント

4:匿名2017年11月29日 13:53 | 返信

いくら心肺停止状態だろうが脳はまだ生きているわけでその間に夢を見ただけだろ。
だから各自で体験した内容が違う。

3:匿名2017年11月26日 18:15 | 返信

>>1
すげぇ 
寂しさとか死に対する怖さとかは無かった?

2:匿名2017年11月26日 17:44 | 返信

十数年前放映のフジTV「もしも体感バラエティ if」での臨死体験特集。
取材した臨死体験者数名の共通ビジョンが三途の川岸に
数人の白装束の金髪女達が手招きしてたとさ。

1:匿名2017年11月26日 17:35 | 返信

ザーッて川の流れる音が聴こえて
薄暗いんだけど真っ暗じゃないところを
ふわふわ漂ってるんだけど
一方向に向かってるのは顔にかかる風でわかる。
その風が暑くもなく、冷たくもなく、
なーんとも心地よく、えもいわれぬ幸福感。
その風上の方に目をやると何かが光ってた。
風をあびつつ「あれ?川の音が聞こえない」と
気付くやいなや真っ暗な中にドボーン。
あ、落ちちゃった!と思った瞬間
急激な寒気と体の節々の痛みと共に
「センセ、脈触れません」
「センセ、血圧計、エラー出ます」
「何でもいいから点滴しろ!」などなどの
怒号と喧騒と共に
◯◯さん!◯◯さん!と看護師が
頬をベシベシベシベシと叩く衝撃。
これが俺の体験。
ハッキリ覚えてる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。