>  >  > 「膣」に便がたまって便秘に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

「膣」に便がたまって便秘に!? 女性の便秘の7割が「直腸瘤」の可能性 の画像1
「膣」に便がたまって便秘に(http://jp.depositphotos.com)

 便秘の人の排便には、「強くイキまないと出ない」「排便後も便が残っている感じがする」「便意があるのに出ない」などいろいろ。中でも、成人女性が注意したいのが「便意があるのにイキんでも出ない」タイプだ。

 イキんでも排便されないのは、肛門から出るべき便が膣の側にたまっていることも考えられる。便が軟らかければスムーズに排便されるが、便が固いと、便が直腸の壁を押し広げて溜まってしまうのだ。これを「直腸瘤」といい、直腸がポケット状に膨らむことから「直腸ポケット」とも呼ばれる。

 直腸の後ろ側には、「仙骨」という骨盤を支える骨があるため後ろ側に直腸が広がることはない。男性の場合、前側は前立腺やその周囲組織が強い壁となっているが、女性の場合、膣で空間であることに加え、膣壁が弱く広がりやすい。

 そのため、女性は「直腸瘤」になりやすい。女性の便秘のおよそ7割はこのような状態であるという統計もある。イキんでも便が出てこない、出てもコロコロの固い便が少しだけで常に残便感がある、膣や会陰部に違和感があるという場合は直腸瘤を疑ったほうがいい。

 直腸瘤の便は自分で出すこともできる。「用指排便」といって、膣に親指を入れて、膨らんだ部分をグッと肛門に向けて押すと、肛門から便が出やすくなる。ただし重症化したときには手術の必要な場合もあるので、医療機関で受診したほうがいい。

会陰マッサージで直腸瘤が改善

 編集者の原田純さんは自身の著書『膣のトリセツ』(径書房)の中で、会陰マッサージで直腸瘤によるスーパー便秘を改善したと告白している。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。