>  >  > AKB48で大リストラ!? メンバー卒業が相次ぐ“大崩壊”の足音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

AKB48

91xrMcktSpL._SL1500_.jpg
画像、49th Single「#好きなんだ」【Type E】初回限定盤

 紅白歌合戦への出場やレコード大賞へのノミネートなど、まだまだ勢いを感じさせるアイドルグループがAKB48だ。

 世界最大のメンバー数を誇るアイドルグループが、いまピンチを迎えているという。

「メンバー間で格差が生まれ、不満が出始めています。親御さんに辞めるように説得されるメンバーもいるようで、混沌としています。NGT48の中井りかが太田プロに移籍、同じくNGT48の荻野由佳もホリプロに移籍するなど、大手の事務所へ引き取られる人気メンバーもいますが、これらは秋元康プロデューサーに目をかけられたメンバーだけ。ほとんどのメンバーが、AKB48の運営母体であるAKSに所属しています」(スポーツ新聞記者談)

 大手事務所に所属できるということは、指原莉乃や小嶋陽菜の大ブレイクを見てもわかるとおりに、AKB48メンバーにとっては死活問題となっているのだという。

「まずAKSはAKB48、SKE48、HKT48、NGT48の運営がメインの業務です。コンサートやレコード会社とのやり取り、握手会の運営が主な仕事で、マネージメント業務ははじめは考えていなかったといわれています。しかし、メンバーが増える中、社員としてマネージャーを雇ってマネージメントもこなすようになりましたが、いまだに人手が不足していて人気メンバーしか相手にできない状態です」(スポーツ新聞記者談)

 このやり方にAKS内部でも批判の声が上がっているという。

「NMB48は吉本興業の子会社がマネージメントを行い、しっかりと売り込みができています。SKE48に関しては、地元の名古屋で全く仕事が広まらないことに業を煮やし、マネージャーたちが東京本社とは違う独自のマネージメント体制で動き始めている。中には、官公庁の仕事を獲得するなど独立した動きで、成功の兆しを見せ始めている。NGT48は新潟県が全面バックアップをしているので、秋元康からの注目度も高く、こちらもマネージャーたちが独自の動きをして成功しています。

 その中で取り残されているのが博多のHKT48で、仕事が年々減り、地元での営業もうまく行えていないとのこと。劇場での仕事くらいしかなく、給料も歩合制なので月収が数万円のメンバーもいるとか。卒業を考えているメンバーも多く、田中美久という人気メンバーまで卒業をほのめかしています」(アイドル雑誌編集談)

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年11月23日 18:15 | 返信

今は地元イベントしか需要がないSTU48。
無事来年メジャーデビュー出来るのだろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。