>  >  > 【業界人に聞いてみた】ジャニーズが元SMAP3人を潰すための圧力をかけてるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
smapsannin.jpg
画像は、新しい地図公式サイトより

 ジャニーズ事務所を退所し、新たな事務所で活動を開始している稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人。退所間もなく活動を再開したことからもわかるように、過去の退所組よりは自由に活動ができている感じはある。

 しかし、AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』でジャニーズ事務所所属時代にリリースしたSMAPの楽曲を一切歌えないなど、「ジャニーズ事務所の制約が厳しすぎる」あるいは「圧力が今もあるのではないか」という意見を持つ視聴者も中にはいる。

 そこで元SMAP3人への圧力は実際どうなのか、業界関係者にその有無を聞いた。

「事務所からの圧力があるのかないのかでいえば、目に見える形ではないと言えます。そのような指示があるわけでもなく、噂も聞きません。しかし、絶対にないのかといわれると微妙ですね」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 微妙とは気になる言葉だが、どういうことなのか。

「たとえば会議などで元SMAPの誰かの名前を出すとしますよね。そうすると、『駄目』とは言われないんですが、『あぁ、なるほどね』などという言葉が返ってくるだけで、否定も肯定もされないんです。それ以降はその名前に触れられることもないまま会議は進行していきます。なんというか黙殺されるような感じになるので、やはり圧力があるのではないかと感じます」(同)

 たしかにこのようなリアクションであれば圧力があるのではないかと勘ぐってしまうものだ。しかし、明確な“何か”があるわけではないと局の関係者も聞かせてくれた。

「指示は本当に何もありません。ただ、元SMAPに触れると面倒臭そうというイメージは局内でみんなが持っていますね。そのため、ジャニーズ事務所への忖度のような感じで、この3人には触れないというムードになっています」(テレビ局関係者)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。