>  >  > 閲覧注意・怒れる10代少女5人の生死を賭けた戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20171123_catfight_01.jpg

画像は、「LiveLeak」より

 女性同士の取っ組み合いの喧嘩を「キャットファイト(catfight)」という。キャットファイトでは、女性が普段とは異なる凶暴な姿を見せたり、喧嘩の最中に服が破れたりする。こうしたシチュエーションを好む人たちも存在するため、キャットファイトはエンターテイメントやAVのジャンルのひとつにもになっている。

 日本では、年に数回、国内最大のキャットファイト組織、CPE(Cat Panic Entertainment)がキャットファイト大会を主催。ローションやバナナ、水鉄砲などを使った試合が行われ、美女たちがあられもない姿をさらしながら奮戦する。女子プロレスよりもエンターテイメント性が高く、“着エロ”を楽しめるのが特徴だ。また、AVメーカーが製作するキャットファイト映像は、服を脱がせたりレズプレイを見せたりと、視聴者の性的興奮を刺激する展開となっている。

 見世物としてのキャットファイトでは、戦う女性たちが本気で憎しみ合っているわけではないので、流血沙汰になることもない。一方、女性たちがガチで戦うキャットファイトはというと――。海外の動画共有サイト「LiveLeak」から、血なまぐさいキャットファイトの模様を紹介しよう。

 画面に映っているのは、喧嘩する5人の10代少女たち。水色のシャツを着た少女が、仰向けに倒れた金髪少女の顔面をタイヤレバーで殴打する。他の3人が慌ててやめさせるも、水色シャツの少女は怒りが収まらないようだ。金髪少女の頭部に何回も蹴りを入れる。その場に居合わせた男子3人はただ傍観しているだけ――。

 車で通りがかった男性たちが止めに入った。男性の1人が水色シャツの少女の頬を張り倒す。それでハッとしたのか、水色シャツの少女は大人しくなった。介抱される金髪少女は顔を歪めている。打ち所が悪かったのかもしれない。3人の少女たちが金髪少女を抱き起しているのを尻目に、水色シャツの少女はその場を去ってしまった。何とも後味の悪いキャットファイトだ。

 1970~80年代の日本では、「スケバン」「レディース」と呼ばれる不良少女たちがブームとなり、10代少女同士が取っ組み合って喧嘩することも珍しくなかった。ブームが去って以降、そうしたキャットファイトを日本で見ることはほとんどなくなった。

 一方、海外では、現在もガチのキャットファイトが繰り広げられている。中でも、今年、過激動画サイト「BestGore」に公開された動画は衝撃的だ。スペイン語圏の国で、学校帰りの10代少女2人が取っ組み合いの喧嘩をし、1人がアスファルトに頭を打ち付けた。彼女は全身をビクビク痙攣させて、かなりヤバイ状態に――。このように、キャットファイトがヒートアップすると、思わぬ大惨事になることもあるのだ。女性同士の喧嘩だからといって侮ってはいけない。
(文=みみずく)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?