>  > 世界各国の死後結婚5選!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 死後結婚は世界中で行われており、一部では合法化されている国もある。中国のある地方では、死者の魂を“和らげる”ために死後結婚が行われているそうだ。また、西洋ではフランスが死後結婚を合法化(1959年)していることで有名で、第一次世界大戦中にも戦死した兵士との結婚を許された女性が存在する。今回は、そんな死後結婚にまつわる実話を紹介しよう。


■世界初の死後同性婚

1711_shigokonyaku_01.jpg
画像は、「PARIS MATCH」より

 2017年4月20日、パリ・シャンゼリゼ通りの発砲テロ事件で犠牲になってしまった男性警察官グザミエ・シュジュレ。シュジュレは生前、LGBTの権利向上のための運動を行っており、彼のパートナーも男性であった。上述の通りフランスでは死後の結婚が合法であり、パートナーのエティエンヌ・カーディルズは深い悲しみの中でシュジュレとの結婚式を挙げることに。パリ市長アンヌ・イダルゴと、前フランス大統領フランソワ・オランドも出席した結婚式は世界中の注目を集め、2人は世界初の死後同性婚カップルになった。

1711_shigokonyaku_02.jpg
画像は、「Thomson Reuters Foundation」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。